PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】ライバル全員逆サイドに回る最高の配置、朝比奈沙羅のミッションは優勝以外になし・女子78kg超級直前展望

(2018年9月25日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】ライバル全員逆サイドに回る最高の配置、朝比奈沙羅のミッションは優勝以外になし
女子78kg超級直前展望
eJudo Photo
日本代表の朝比奈は最高の組み合わせを引いた

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

優勝候補筆頭の朝比奈沙羅(パーク24)は、これ以上ない最高の配置を引いた。優勝争いのライバルと目される選手は全員逆側に置かれ、控えめに言っても決勝進出は確実。そこまでは最低限のミッションだ。強いて気になるところを挙げれば7月のグランプリ・ザグレブでまさかの敗戦を喫したカイラ・サイート(トルコ)がベスト8で当たる位置に置かれていることだが、そもそも朝比奈と当たる前にベアトリス・ソウザ(ブラジル)に敗れる可能性が高く、仮に対戦することになっても実力差を考えると2連敗は現実的に考えにくい。

一方、トーナメント上側のプールAはまさに「地獄」、恐ろしい組み合わせ。まず初戦(2回戦)でキム・ミンジョン(韓国)とイダリス・オルティス(キューバ)の金メダル候補2人による対決が組まれた、さらに直下の位置にはワン・ヤン(中国)が入っており、上記の勝者と3回戦で対戦することに。当たり前だがここを生き残ることが出来るのはたったの1人であり、敗れた場合には敗者復活戦に進むことすら出来ずに大会を去らねばならない。勝敗予想としては、①全選手がその力の「平均値」を出しあった場合にはキムの勝ち上がりが濃厚、②オルティスがキムに勝利するにはロンドン‐リオ期に見せていたような全盛期レベルのパフォーマンスを発揮する必要がある、ということになる。そしてさらに、③オルティスが勝ち上がったとすれば(=全盛期レベルのコンディションにあれば)その時点で優勝候補の一番手は朝比奈からこの選手に移る、というトーナメント全体を揺らすシナリオ分岐が待っている。

トーナメントが順当に進んだ場合の決勝カード予想は、キム対朝比奈。両者の対戦成績は朝比奈の実に3勝0敗。朝比奈がキムのようなアスリート体型の選手を得意としていることからも、敗れることは考えにくい。両袖の袖釣込腰にだけ注意しつつ、じっくりと戦いたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.