PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】優勝候補は変わらずマロンガ、濵田尚里は力の見積もり難しい不確定要素グラフを引く・女子78kg級直前展望

(2018年9月24日)

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】優勝候補は変わらずマロンガ、濵田尚里は力の見積もり難しい不確定要素・グラフを引く
女子78kg級直前展望
eJudo Photo
日本代表は濵田尚里。ついに掴んだ国内一番手の座を手放すわけにはいかない。

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは35名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手配置の変更はなし。

三強は予想通りにプールが分かれ、マイラ・アギアール(ブラジル)がプールB、濵田尚里(自衛隊体育学校)がプールC、オドレイ・チュメオ(フランス)がプールDにそれぞれ配された。

今期絶好調、優勝候補のマドレーヌ・マロンガ(フランス)はアギアールと同じプールBに置かれ、両者は準々決勝で対戦予定。マロンガは初戦(2回戦)の相手にアナ=マリア・ヴァグナー(ドイツ)を引いており、ここが最初の山場だ。勝利自体は確実だと思われるが、ヴァグナーも水準以上の力があり、はマロンガの調子を測る恰好の相手。まずはこの試合でマロンガの出来をチェックしたい。マロンガとアギアールの準々決勝はアギアールの最近の冴えない戦いぶりからマロンガ優位と予想するが、そうは言ってもアギアールは世界王者。この大会に焦点を当ててコンディションを整えて臨んでくる可能性もある。その場合にはかなり揉めた試合展開となることが予想されるが、最近のマロンガの逞しい戦いぶりを見る限りそれでもマロンガの優位は揺るがないと思われる。よって決勝進出者はマロンガとみる。

日本代表の濵田は3回戦でベルナデッテ・グラフ(オーストリア)と対戦予定。ある程度実力や力関係がわかっている他の有力選手に比べ、階級を変えた上に今年まだ1試合も主要大会に出ていないグラフは不気味な存在だ。遅れを取ることはないと思われるが、抱えあげての大技一発が持ち味のグラフは受けに難のある濵田にとっては非常に危険な相手。事故が起きる前に得意の寝技で仕留めてしまいたい。ここさえ抜ければ準々決勝の相手は過去3勝、それも全て一本勝ちと相性の良いナタリー・パウエル(イギリス)。この試合を出来るだけ消耗なく終え、次に控えるライバル・チュメオとの大一番に備えたい。チュメオとの試合は前回対戦時の様相を見る限り、立技ではやはり分が悪いように思われる。相手のスピードに惑わされることなく、寝勝負を徹底できるかどうかが勝負のポイントだ。ここで負けてしまうと、組み合わせ的に3位決定戦でアギアールとマロンガの敗者と戦わねばならないことになってしまう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.