PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】ウルフとイリアソフによるプールDの準々決勝が最大の山場、ウルフの位置はメダリストと連戦の激戦区・男子100kg級直前展望

(2018年9月24日)

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】ウルフとイリアソフによるプールDの準々決勝が最大の山場、ウルフの位置はメダリストと連戦の激戦区・男子100kg級直前展望
eJudo Photo
2連覇を狙うウルフアロン。ドローの結果、凄まじい激戦区に配されてしまった。

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは54名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手配置の変更はなし。

ドロー結果が注目された現役世界王者ウルフアロン(了徳寺学園職)はプールD、そしてなんと、ともに優勝候補と目されるニヤズ・イリアソフ(ロシア)が同じプールに配された。両者は準々決勝で対戦予定となっており、ここが予選ラウンド最大の山場。さらにウルフは2回戦でキリル・デニソフ(ロシア)、3回戦でカール=リヒャード・フレイ(ドイツ)とマッチアップする激戦区に配されており、世界選手権の表彰台経験者2名に連勝しなければイリアソフと対戦するどころか敗者復活戦にも進むことすらできない過酷な組み合わせ。ウルフは研究熱心で、むしろ強豪相手のほうが戦い方をきちんと整理して戦えるタイプ。強豪相手にはむしろ負けない選手だ。本特集の大会前オーバービュー記事に、負傷明けのウルフに万が一の敗退があるとすれば「まだ乗り切れない序盤戦に、無名の強豪がマッチアップした場合」だとの旨の観測を書かせて頂いたのはこの見立てに基づくものだが、その序盤に、本来終盤で戦うはずの強豪ばかりとの対戦が組まれるというちょっと判断が難しい組み合わせとなってしまった。率直な感想は「ちょっときつ過ぎる」。ベスト8に進むのはあくまでウルフと読む。しかし負傷明け、一撃で決める瞬発力に懸念のある中で、体力の消耗は必至だ。

一方のイリアソフは準々決勝まで特筆すべき相手との対戦がない。組み合わせ的にはイリアソフ有利と言わざるを得ないだろう。試合はウルフの戦術とスタミナ、対するイリアソフのパワーという構図になると思われる。両者の組み手がケンカ四つであることから脇を差し合った形が主戦場となるはずだが、これは両者ともに得意な形。きのうの90kg級決勝におけるシェラザディシヴィリ-シウバモラレス戦のような、近い間合いで投げを狙い合うスリリングな攻防が期待できるだろう。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.