PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】他を圧した2名が頂上対決、決勝はアグベニューが田代未来を退け連覇達成・バクー世界柔道選手権2018女子63kg級即日レポート

(2018年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】他を圧した強者2名が頂上対決、決勝はアグベニューが田代未来を退け連覇達成
バクー世界柔道選手権2018女子63kg級即日レポート
eJudo Photo
3度目の世界選手権制覇を果たしたクラリス・アグベニュー

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

アゼルバイジャン・バクーで行われているバクー世界柔道選手権2018、大会4日目の23日は男子81kg級と女子63kg級の競技が行われ、63kg級はクラリス・アグベニュー(フランス)が優勝した。アグベニューは昨年に続く連覇、2014年チェリャビンスク大会とあわせて3度目の世界選手権制覇。決勝は日本代表の田代未来(コマツ)を破った。

この日、決勝まではアグベニューと田代の2名が他をまったく寄せ付けず。双方にとって唯一最大の山場である決勝対決に向けての「前段」と「本番」がはっきり分かれる、この上なく盛り上がる展開となった。

アグベニューは圧倒的な実力を背景に、序盤はむしろ鷹揚な勝ち上がり。2回戦はボルド・ガンハイチ(モンゴル)をほぼ本戦の時間いっぱい使って大外刈と隅落の合技「一本」、3回戦はブスラ・カチポグル(トルコ)を隅落と横四方固の合技「一本」。しかしギアを一段上げた準々決勝はカタリナ・ヘッカー(オーストラリア)を1分47秒に移腰の大技で豪快「一本」。そしてようやくメダリストレベルとの対戦となった準決勝でどうやら全開、マルティナ・トライドス(ドイツ)を僅か30秒の間に大内刈「技有」と大外巻込「技有」と2回投げて表情も変えず。

田代は「眦を決して」という形容がまさにふさわしい精悍な表情。終始集中力高く、勝ち上がりの凄まじさはアグベニューよりもむしろ上。2回戦は田代の圧力に耐え切れなくなったシウバ・スエレン(レバノン)が潰れるとそのまま2度と立たせず「足三角」にまとめて1分2秒縦四方固「一本」。3回戦は組み手で粘ろうとするステファニー・トレンブレイ(カナダ)を捕まえて左大内刈「技有」を奪うと、相手の左背負投の掛け潰れを許さずそのまま片手絞で絞め上げて1分43秒「一本」。準々決勝では実力者ユール・フランセン(オランダ)が田代の力の強さにまともに組んでいられない。田代の小外刈に崩されて倒れながら巻き込みを偽装するが田代そのまま立たせず縦四方固「一本」。圧巻は準決勝、リオデジャネイロ五輪金メダリストのティナ・トルステニャク(スロベニア)戦。パワー自慢のトルステニャクを上から目線の両襟柔道で圧倒、正面突破の内股「技有」で片づけて決勝へと駒を進めることとなった。田代は強敵トルステニャクを倒しても、これが当然とばかりに眉ひとつ動かさず。あくまで今日はアグベニューに勝つことが目標と、決意伝わる立ち振る舞い。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.