PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成中が3年ぶりに頂点、大会男女アベック優勝を達成・平成30年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部レポート

(2018年10月05日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
大成中が3年ぶりに頂点、大会男女アベック優勝を達成
平成30年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部レポート
eJudo Photo
3年ぶり6度目の優勝を果たした大成中

3カテゴリで少年柔道日本一を争う平成30年度マルちゃん杯少年柔道大会、中学男子は北海道(6)、東北(6)、関東(12)、中部(6)、近畿(5)、中国・四国(7)、九州(6)の合計48チームのトーナメント戦で優勝が争われた。戦前の予想通り、昨年優勝の国士舘中(東京)、今春の近代柔道杯を制した大蔵中(福岡)、そして、今夏の全国中学校柔道大会で優勝を果たした埼玉栄中(埼玉)と準優勝の大成中(愛知)の4校が順当に準決勝進出。
接戦の末、決勝には大成中と大蔵中が進出。大成中が2-1で大蔵中をくだし、3年ぶり6度目の優勝を成し遂げた。大成は直前に行われた中学生女子の部でも優勝を果たしており、アベック優勝となった。

戦評および対戦結果、監督のコメントは以下の通り。

大会日時:2018年9月23日 於:東京武道館
取材・文:eJudo編集部
撮影:辺見真也

■戦評

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.