PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】予想通りの大混戦、藤原崇太郎は強豪少なき空白地帯に配されてベスト8進出濃厚・男子81kg級直前展望

(2018年9月22日)

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】予想通りの大混戦、藤原崇太郎は強豪少なき空白地帯に配されてベスト8進出濃厚
男子81kg級直前展望
eJudo Photo
日本代表は藤原崇太郎

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは65名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手配置の変更はなし。

階級のトップグループがほとんど横一線に並び、大会の度に勝ったり負けたりを繰り返している本階級。絶対的な強者の不在、各選手の実力が伯仲していること、そもそも強豪の数が非常に多いことなどの理由により、他階級に比べるとシード枠の重要性はあまり高くない。その一方でドロー結果がトーナメントに与える影響は非常に大きく、同じメンバーで抽選をやり直しただけで全く違う大会になると言っても過言ではないだろう。

ドローの結果、有力選手は比較的均等に分散。プールCの密度が低いものの、全体としては非常にバランスのとれたトーナメントが組まれることとなった。戦力的な分布としてはプールAのメンバーのレベルが最も高いように思われるが、プールBとプールDはその分有力選手の「数」が多く、全体としての勝ち上がり難度は同程度と見る。相性から勝ち上がりをシミュレートしたところ今回は比較的シード選手に有利な組み合わせとなっており、陥落の可能性が高いのはプールDのドミニク・レッセル(ドイツ)くらい。ただし、「シード選手が優位で、事前予測においては陥落の可能性が低いと言わざるを得ない」のは普段のワールドツアーでも事情は同様、毎度その通りに進んでいないからこその「戦国時代」である。下記のプールごとの展望をご覧いただければ分かる通り、シナリオ分岐のポイントがあまりにも多く、この戦力拮抗の81kg級においては形上の序列(シード)が破綻することがむしろ前提。選手のコンディション次第で結果が大きく変わる可能性が高く、まずは序盤戦、各選手の調子の程に注目したい。

日本代表の藤原崇太郎(日本体育大2年)が置かれたプールCは前述の通り4つのプール中唯一の空白地帯。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.