PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】組み合わせ抽選に明暗、出口クリスタは好配置、芳田司とドルジスレンは息つく暇ない強豪との連戦・女子57kg級直前展望

(2018年9月21日)

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】組み合わせ抽選に明暗、出口クリスタは好配置、芳田司とドルジスレンは息つく暇ない強豪との連戦
女子57kg級直前展望
eJudo Photo
「三強」のうちV候補筆頭の出口だけが、戦いやすい組み合わせを引いた。

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは52名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手配置の変更はなし。

予想の通り三強はすべてプールが分かれ、ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)がプールA、芳田司(コマツ)がプールC、出口クリスタ(カナダ)がプールDへとそれぞれ送り込まれることとなった。芳田と出口が準決勝で王者ドルジスレンへの挑戦権を賭けて戦い、その勝者をドルジスレンが決勝で迎え撃つというのが大局的なシナリオだ。

ドローの結果、3名の組み合わせはくっきり明暗が分かれた。出口は準決勝までトップグループとは戦わなくても良い相当に戦い易い組み合わせを引いたが、ドルジスレンと芳田は初戦から有力選手とマッチアップ、以降も一試合の暇もなく強豪と対戦し続ける過酷な組み合わせとなった。優勝争い以前に、予選ラウンド(プールファイナルまで)を勝ち上がるだけでも相当なリソースを注ぎ込まざるを得ないと思われる。

ドルジスレンの組み合わせは初戦(2回戦)でヨワナ・ロギッチ(セルビア)、3回戦でラファエラ・シウバ(ブラジル)、準々決勝でエレン・ルスヴォ(フランス)、準決勝でネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)。一方、芳田の組み合わせは初戦(2回戦)でアメリー・シュトル(ドイツ)、3回戦でテルマ・モンテイロ(ポルトガル)、準々決勝でクォン・ユジョン(韓国)、準決勝で出口となっている。1試合も休むことはできず、加えてどちらも3回戦からは決勝レベルの強豪との連戦。この2名の勝ち上がりがそのまま大会のハイライトと言っても過言ではなく、どちらも1試合も見逃すことが出来ない。出口のベスト4勝ち上がりは間違いないので、IJFのウェブ中継を視聴するファンにはこの2人の試合を中心に全体の進行を把握することをお勧めする。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.