PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】橋本壮市は準々決勝のヤコヴァ戦が最初の山場、アンとオルジョフはともにプールCに詰め込まれ準々決勝で激突・男子73kg級直前展望

(2018年9月21日)

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】橋本壮市は準々決勝のヤコヴァ戦が最初の山場、アンとオルジョフはともにプールCに詰め込まれ準々決勝で激突
男子73kg級直前展望
eJudo Photo
連覇を狙う橋本壮市

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは82名。「概況×有力選手紹介」で示した予想からの、シード選手配置の変更はなし。

シード予想の通り、橋本壮市(パーク24)は、ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)とアン・チャンリン(韓国)とは逆サイドのプールAに配された。橋本がシード位置に座るプールA上側の山には特筆すべき強豪はおらず、準々決勝のアキル・ヤコヴァ(コソボ)戦が最初の山場だ。「概況×有力選手紹介」紹介させて頂いた通り、この選手は今大会の「ダークホース」枠一番手。今年台頭したニューフェイスであり、2月のグランドスラム・パリに7月のグランプリ・ザグレブと今季ワールドツアー2大会を制して現在乗りに乗っている。ヤコヴァは橋本の組み手管理が十全に機能する右相四つの相手だが、これまでの試合を見る限りそのパワーは相当なもの。相四つは同時にパワーをまともに受けやすいという側面もあり、油断は禁物だ。特に強引に間合いを詰め、体を捨てながら仕掛ける独特の膝車には気をつけたい。ここさえ勝ち抜けは準決勝の相手はガンバータル・オドバヤル(モンゴル)とヒダヤット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)の勝者であり、どちらもこれまで3勝0敗と相性的にも実力的にも計算が立ちやすい相手。両者とも戦いやすい右相四つであり、致命的なミスさえ犯さなければ、まず決勝進出は動かないと思われる。

一方、オルジョフとアンは揃ってプールCに詰め込まれ、準々決勝での対戦が濃厚。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.