PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】18歳阿部詩がオール一本勝ちで初優勝、決勝は志々目愛との日本人対決を制す・バクー世界柔道選手権2018女子52kg級即日レポート

(2018年9月21日)

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】18歳阿部詩がオール一本勝ちで初優勝、決勝は志々目愛との日本人対決を制す
バクー世界柔道選手権2018女子52kg級即日レポート
eJudo Photo
初優勝を決めた阿部詩は18歳。昨日17歳で優勝したダリア・ビロディドに続いて、女子は2日連続で十代のチャンピオンが誕生することとなった。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

アゼルバイジャン・バクーで行われている世界柔道選手権2018、競技日程2日目の21日は男子66kg級、女子52kg級の男女それぞれ1階級の競技が行われ、52kg級は阿部詩(夙川学院高3年)が初優勝した。66kg級では兄の阿部一二三(日本体育大3年)が連覇を決めており、日本勢初の世界選手権兄妹同時優勝となった。

阿部詩、この日の出来は抜群。組み合わせにも恵まれた序盤戦はカロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)を43秒の右袖釣込腰「一本」、ファビアン・コッヒャー(スイス)からは内股「技有」に1分27秒の右袖釣込腰「一本」、ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)をいわゆる「舟久保固め」から1分20秒崩袈裟固「一本」と早い時間での勝利を連発。しかし圧巻はむしろ難敵とマッチアップしたこれ以降で、準決勝では面倒なアモンディーヌ・ブシャー(フランス)が潰れたところからの立ち際を狙い、木村政彦ばりの腕緘。このまま内腿を蹴って回す「腕緘返し」の形で3度回して「参った」を引き出し僅か26秒の「一本」。決勝では前年度王者の志々目愛(了徳寺学園職)をGS延長戦の末に鮮やかな内股「一本」で斬り落とした。

投げ一発の強さを売りに出世した阿部であるが、この日は寝技でも極めてテクニカルなフィニッシュホールドを連発。立って良し寝て良しの完成度の高さはもちろん、高校3年生にして「成長を続けないと生き残れない」と引き出しを増し続ける、その意識の高さが際立つ勝利だった。

志々目も決勝までは水準以上の出来。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.