PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】【eJudo’s EYE】やはり強かったビロディド、女子柔道界にニューヒロイン誕生・女子48kg級評

(2018年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】【eJudo’s EYE】やはり強かったビロディド、女子柔道界にニューヒロイン誕生
女子48kg級評
eJudo Photo
17歳ビロディドは優勝候補一番手のプレッシャーを乗り越え、みごと優勝

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

女子第1日の評は下記3題。

「やはり強かったビロディド、女子柔道界にニューヒロイン誕生」
「渡名喜は作戦遂行力に課題、能力の高さ見せつけるも明確な戦術的上積み見いだせず」
「ゆらぐ王国、問われる育成、日本の48kg級に未来はあるのか?」


■やはり強かったビロディド、女子柔道界にニューヒロイン誕生

女子48kg級は本命と目された17歳、ダリア・ビロディド(ウクライナ)が優勝。レポート記事でお伝えした通り、1993年ハミルトン世界選手権で谷(当時田村)亮子が優勝した18歳を超えて、世界柔道選手権最年少優勝である。

170センチを超える身長を利した伸びやかな柔道とその勝ちぶりの素晴らしさは、ワールドツアーと変わらず。この日の優勝はじゅうぶん予想されたものであったが、ツアーとは違うものが何か見えたとすれば、「スター性」として機能する、観衆の感情移入を呼び起こす剥き出しの人間味ではなかったかと思われる。

百戦錬磨の強者が集う世界選手権、いかに優勝候補筆頭といえど、いや優勝候補筆頭と騒がれたからこそ、畳の上に現れた高校3年生のビロディドは緊張し切っていた。難敵ディストリア・クラニスキとの2回戦はその気負いや緊張がはっきり試合ぶりに現れ、この人らしからぬ、壊れてしまいそうな危うさを感じさせるものだった。実際に終わってみればこの試合がこの日一番の苦戦であったわけだが、ゆえにその後立ち直って披露した絶対的な強さ、そして、渡名喜風南を大内刈で叩きつけた直後、審判を見やったまま「一本」を確認したまま凄まじい圧から解放され、堰を切ったようにあふれ出した涙には、心を揺さぶられるものがあった。

ビロディドの強さはすさまじかった。ガルバトラフをおもちゃ扱い(大内刈「技有」から横三角に繋いで崩袈裟固で抑え込む)し、現役世界王者の渡名喜風南を正面突破の大内刈でひっくり返して今季「3タテ」という強さはまさしく異次元、48kg級世界の常識平面を飛び越えてしまっている。これだけでも今後階級の絶対王者として君臨すると評するに十分であるが、前述、投げ終わって相手に被ったまま審判をみやって涙をこぼすというような印象的な「絵」を作ることが出来る選手には、ざっくり言って「スター性」がある。毎年確実に階級に1人輩出される単なる「世界チャンピオン」ではない、単なる「美女柔道家」の枠に収まらない存在になるのではないか。

谷亮子以来、日本の「お家芸」であった48kg級だが、おそらく以後史上最大のエマージェンシーが起りつつある。これまでスポット的に王座を譲り渡しては奪還した、強豪選手との「やりとり」の歴史とはレベルが違う、時代をまるごと塗りつぶされてしまうピンチだ。ちょっと国内にはこの選手に「器」で対抗できる存在が見当たらない。「ビロディドの時代」到来を、48kg級王国の座を連綿繋いで来た日本がどう防がんとするのか。注目である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.