PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】絶対王者阿部一二三が連覇に挑戦、終盤の組み合わせタフも「一本」連発の圧勝に期待・男子66kg級直前展望

(2018年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】絶対王者阿部一二三が連覇に挑戦、終盤の組み合わせタフも「一本」連発の圧勝に期待
男子66kg級直前展望
eJudo Photo
連覇に挑む阿部一二三

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは75名。シード選手の配置は「概況×有力選手紹介」で示した予想から変更なし。

トーナメント下側に比重が偏ったシード選手の配置がそのまま全体のバランスにも反映され、極端なプールCD重心。シード選手だけでも、阿部一二三(日本体育大)、アン・バウル(韓国)、ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)、ヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)と階級最上位の強豪が揃ってこちら側に詰め込まれた。シード選手以外のレベルが低いプールCはまだ救いがあるが、プールDの過密具合は相当なもの。ドローの結果ノーシード選手としてミハイル・プルヤエフ(ロシア)とチャールズ・チバナ(ブラジル)までもが配置され、この山だけでグランドスラム大会が開催できそうなハイレベルだ。

一方、このプールCDへの偏重を受けて上側の山は穏やか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.