PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】阿部詩は好配置引き決勝進出が濃厚、連覇狙う志々目愛は準々決勝のクズティナ戦が最大の山場・女子52kg級直前展望

(2018年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】阿部詩は好配置引き決勝進出が濃厚、連覇狙う志々目愛は準々決勝のクズティナ戦が最大の山場
女子52kg級直前展望
eJudo Photo
阿部詩は第4シードからスタート

→バクー世界柔道選手権2018組み合わせ
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

エントリーは45名。シード選手の配置は「概況×有力選手紹介」で示した予想から変更なし。

優勝争いの軸は志々目愛(了徳寺学園職)と阿部詩(夙川学院高3年)の日本勢2名。
両者の配置は予想通りに、トーナメントの上下にきれいに分かれた。階級全体のレベルが低いこともあり、昨年大会に続いての日本人決勝が十分実現可能な情勢だ。

プールBに配された阿部は小さな山場はあるものの、決勝進出がほぼ確実視される良い組み合わせ。準々決勝のジェシカ・ペレイラ(ブラジル)と準決勝のアモンディーヌ・ブシャー(フランス)はともに粘戦志向の面倒な相手だが、阿部の勝利自体はまず揺らがないはず。相手に付き合い過ぎず、に一方的な柔道で仕留めてしまいたい。

一方プールCに配された志々目は対照的に過酷な組み合わせ。準々決勝でナタリア・クズティナ(ロシア)、準決勝でエリカ・ミランダ(ブラジル)とシャーリン・ファンスニック(ベルギー)戦の勝者と、数少ないトップグループとの連戦が狙ったように組まれてしまった。なかでもクズティナは昨年のワールドマスターズ、今年のヨーロッパ選手権とビッグタイトルを連勝して好調、メンタル的なタフさも兼ね備えている強敵だ。厳しく長い戦いになることは間違いないが、最後まで気持ちを切らさずに戦い抜きたい。集中力を切らさなければ最後は志々目に軍配が上がるはずだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.