PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】17歳ビロディドが史上最年少V、決勝は前年度の覇者渡名喜風南に完勝・バクー世界柔道選手権2018女子48kg級即日レポート

(2018年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】17歳ビロディドが史上最年少V、決勝は前年度の覇者渡名喜風南に完勝
バクー世界柔道選手権2018女子48kg級即日レポート
eJudo Photo

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

バクー世界柔道選手権2018はアゼルバイジャン・バクーで20日に開幕。初日は男子60kg級と女子48kg級の競技が行われ、女子48kg級はダリア・ビロディド(ウクライナ)が優勝した。17歳のビロディドは初優勝、1993年ハミルトン大会に18歳で優勝した谷亮子を抜いて、世界選手権史上最年少での金メダル獲得。

ワールドツアー5連勝中で今大会の優勝候補筆頭と目されたビロディドは第3シードで大会をスタート。組み合わせ配置はかなり厳しく、初戦(2回戦)からディストリア・クラスニキ(コソボ)という難敵との対戦。この試合の動きは硬く、立ち振る舞いからもかなりの緊張が伺われたが、得意の左大内刈で「技有」を奪って勝ち抜け。対戦相手のレベルが下がった3回戦はション・ヤオ(中国)を1分15秒の左大内刈「一本」に仕留めてこれでどうやら平時のペースを取り戻すと、準々決勝はこの日の勝ち上がりのハイライト。パワー自慢のリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)を全く相手にせず左大内刈「技有」から得意の横三角をガッチリ決めて崩上四方固に抑え込み、まさしく圧勝の合技「一本」。準決勝はリオデジャネイロ五輪王者のパウラ・パレト(アルゼンチン)をまたもや左大内刈「技有」で下して決勝に駒を進めることとなる。

決勝は昨年度大会の覇者・渡名喜風南(パーク24)と対戦。左相四つの相手を、先んじて引き手で浅く袖を握り、釣り手で奥襟の雨を降らせるという得意の戦術で完封。2分7秒にはこの形から奥襟を叩きながらの左大内刈というもっとも得意なパターンを鮮やかに決めて豪快「一本」。みごと優勝を決めた。

渡名喜を転がして顔を上げた瞬間、高々右手を挙げて「一本」を示す審判をみやるとビロディドの目からはみるみるうちに涙があふれる。海外の各メディアが速報に写真を添えてあまねく伝えたこの絵は、ニューヒロイン誕生を伝えるものとしてふさわしいもの。後世に語り継がれるであろう名場面であった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.