PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】17歳ビロディドが史上最年少V、決勝は前年度の覇者渡名喜風南に完勝・バクー世界柔道選手権2018女子48kg級即日レポート

(2018年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】17歳ビロディドが史上最年少V、決勝は前年度の覇者渡名喜風南に完勝
バクー世界柔道選手権2018女子48kg級即日レポート
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

eJudo Photo

バクー世界柔道選手権2018はアゼルバイジャン・バクーで20日に開幕。初日は男子60kg級と女子48kg級の競技が行われ、女子48kg級はダリア・ビロディド(ウクライナ)が優勝した。17歳のビロディドは初優勝、1993年ハミルトン大会に18歳で優勝した谷亮子を抜いて、世界選手権史上最年少での金メダル獲得。

ワールドツアー5連勝中で今大会の優勝候補筆頭と目されたビロディドは第3シードで大会をスタート。組み合わせ配置はかなり厳しく、初戦(2回戦)からディストリア・クラスニキ(コソボ)という難敵との対戦。この試合の動きは硬く、立ち振る舞いからもかなりの緊張が伺われたが、得意の左大内刈で「技有」を奪って勝ち抜け。対戦相手のレベルが下がった3回戦はション・ヤオ(中国)を1分15秒の左大内刈「一本」に仕留めてこれでどうやら平時のペースを取り戻すと、準々決勝はこの日の勝ち上がりのハイライト。パワー自慢のリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)を全く相手にせず左大内刈「技有」から得意の横三角をガッチリ決めて崩上四方固に抑え込み、まさしく圧勝の合技「一本」。準決勝はリオデジャネイロ五輪王者のパウラ・パレト(アルゼンチン)をまたもや左大内刈「技有」で下して決勝に駒を進めることとなる。

決勝は昨年度大会の覇者・渡名喜風南(パーク24)と対戦。左相四つの相手を、先んじて引き手で浅く袖を握り、釣り手で奥襟の雨を降らせるという得意の戦術で完封。2分7秒にはこの形から奥襟を叩きながらの左大内刈というもっとも得意なパターンを鮮やかに決めて豪快「一本」。みごと優勝を決めた。

eJudo Photo
審判をみやったそのまま、ビロディドの目から涙があふれる

渡名喜を転がして顔を上げた瞬間、高々右手を挙げて「一本」を示す審判をみやるとビロディドの目からはみるみるうちに涙があふれる。海外の各メディアが速報に写真を添えてあまねく伝えたこの絵は、ニューヒロイン誕生を伝えるものとしてふさわしいもの。後世に語り継がれるであろう名場面であった。

絶好調の渡名喜は決勝で苦杯、これで対ビロディド戦は3連敗(いずれも今季)となった。食った左大内刈は、初対戦であった2月のグランドスラム・パリとの形とほぼまったく同じ。浅く引き手の袖を押さえて、奥襟を叩きながら長い足を叩きこむ。相手がもっとも得意とする形、つまりはもっとも警戒していたはずの形から堂々正面突破を許した、まさしく完敗であった。

渡名喜は序盤戦から一貫して優勢も、相手に決定的な位置に入られてしまうことが散見。圧倒的な身体能力でこれを凌ぎ切って勝ち上がったが、ビロディドにはこの「結果オーライ」の受けが通用しなかったことになる。前述の通りもっとも警戒していた形を作られ、もっとも警戒していた技を食っての敗戦で、作戦遂行力に大きな課題を残した大会。

3位には、いずれもビロディドに敗れたパレトとガルバトラフが入賞。

ガルバトラフはムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)と戦った3位決定戦を「指導3」で勝ち抜き、2016年リオデジャネイロ五輪からこれで3年連続の世界大会銅メダル獲得。
3週間前のアジア大会同様決して好調という様子ではなかったが、対ビロディド戦敗退後も腐ることなく粘り強く試合を続け、因縁のムンフバット戦は「指導3」を奪って押し切った。

パレトも100パーセントの出来ではなかったが、大枠持ち味を発揮。相手の状況に噛み合うかどうかを考慮せず左右に担ぎ技を連発する、その機関車のような連続攻撃に最後は相手が常に根負け。結局懐に潜りこんで投げ切ってしまうというこの人らしい柔道を最後まで続けた。

入賞者と全試合の結果、メダルマッチ3試合および日本代表選手全試合の戦評は下記。

eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から渡名喜、ビロディド、パレト、ガルバトラフ。

【入賞者】
(エントリー43名)

1.BILODID, Daria (UKR)
2.TONAKI, Funa (JPN)
3.PARETO, Paula (ARG)
4.GALBADRAKH, Otgontsetseg (KAZ)
5.COSTA, Catarina (POR)
6.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
7.FIGUEROA, Julia (ESP)
8.STANGAR, Marusa (SLO)

【1回戦】
マルジョナ・サロヒトディノワ(ウズベキスタン)○GS反則[指導3](GS3:08)△エマ・ローズ(ニュージーランド)
メリッサ・フルタド=ムノス(キューバ)○合技[袖釣込腰・縦四方固](3:21)△ケイトリン・ジャレル(アメリカ)
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○GS技有・小内刈(GS0:07)△モニカ・ウングレアヌ(ルーマニア)
シラ・リショニー(イスラエル)○優勢[技有・一本背負投]△マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)
ジュリア・フィゲロア(スペイン)○GS崩袈裟固(GS3:51)△グルカデル・センツルク(トルコ)
パウラ・パレト(アルゼンチン)○合技[小内巻込・小内巻込](0:40)△ハリエット・ボンフェイス(マラウイ)
アイシャ・グルバヌリ(アゼルバイジャン)○反則[指導3](3:59)△アンバー・ヘルシェス(オランダ)
ディストリア・クラスニキ(コソボ)○大外落(0:47)△ヤクリーン・ソリス(グアテマラ)
ガブリエラ・チバナ(ブラジル)○合技[体落・小外掛](3:58)△ジェロネイ・ホワイトブーイ(南アフリカ)
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○合技[袖釣込腰・背負投](3:43)△ヨアナ・ディオゴ(ポルトガル)

【2回戦】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○背負投(1:12)△マルジョナ・サロヒトディノワ(ウズベキスタン)
メリッサ・フルタド=ムノス(キューバ)○合技[袖釣込腰・一本背負投](3:29)△シャイマ・エディナリ(モロッコ)
エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)○GS反則[指導3](GS1:12)△サビーナ・ギリアゾワ(ロシア)
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○GS反則[指導3](GS)△アンネ=ソフィー・ユラ(ベルギー)
渡名喜風南○優勢[技有・小外掛]△シラ・リショニー(イスラエル)
カン・ユジョン(韓国)○優勢[技有・背負投]△ケイシー・ペラファン(アルゼンチン)
ジュリア・フィゲロア(スペイン)○GS技有・隅落(GS5:16)△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)
メリー=ディー・バルガス=レイ(チリ)○優勢[技有・小内刈]△フィロメーヌ・ベタ(カメルーン)
パウラ・パレト(アルゼンチン)○GS袖釣込腰(GS0:31)△イリーナ・ドルゴワ(ロシア)
アイシャ・グルバヌリ(アゼルバイジャン)○合技[一本背負投・袖釣込腰](1:31)△キャロライン・ヘイン(オーストラリア)
マルサ・スタンガル(スロベニア)○GS技有・袈裟固(GS1:46)△メラニー・クレモン(フランス)
ノア・ミンスカー(イスラエル)○合技[内巻込・一本背負投](0:50)△アン・スズキ(アメリカ)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○優勢[技有・大内刈]△ディストリア・クラスニキ(コソボ)
ション・ヤオ(中国)○GS技有・一本背負投(GS0:24)△フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)○反則[指導3](2:24)△ガブリエラ・チバナ(ブラジル)
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○合技[一本背負投・小内刈](1:57)△ティン・ホアンティ(ベトナム)

【3回戦】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○合技[谷落・隅返](2:22)△メリッサ・フルタド=ムノス(キューバ)
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○反則[指導3](4:00)△エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)
渡名喜風南○GS袈裟固(GS5:12)△カン・ユジョン(韓国)
ジュリア・フィゲロア(スペイン)○横四方固(3:01)△メリー=ディー・バルガス=レイ(チリ)
パウラ・パレト(アルゼンチン)○背負投(2:06)△アイシャ・グルバヌリ(アゼルバイジャン)
マルサ・スタンガル(スロベニア)○優勢[技有・縦四方固]△ノア・ミンスカー(イスラエル)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○大内刈(1:15)△ション・ヤオ(中国)
ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)○反則[指導3](2:09)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)

【準々決勝】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○腕挫足固(2:19)△カタリナ・コスタ(ポルトガル)
渡名喜風南○崩上四方固(4:00)△ジュリア・フィゲロア(スペイン)
パウラ・パレト(アルゼンチン)○反則[指導3](2:58)△マルサ・スタンガル(スロベニア)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○合技[大内刈・崩上四方固](2:00)△ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)

【敗者復活戦】
カタリナ・コスタ(ポルトガル)○GS技有・背負投(GS0:54)△ジュリア・フィゲロア(スペイン)
ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)○合技[肩車・隅返](3:08)△マルサ・スタンガル(スロベニア)

【準決勝】
渡名喜風南○反則[指導3](3:47)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○優勢[技有・大内刈]△パウラ・パレト(アルゼンチン)

eJudo Photo
3位決定戦、パウラ・パレトがカタリナ・コスタから袖釣込腰「技有」

eJudo Photo
3位決定戦、ガルバトラフがムンフバットを攻める。

【3位決定戦】
パウラ・パレト(アルゼンチン)○合技[袖釣込腰・袖釣込腰](3:02)△カタリナ・コスタ(ポルトガル)
パレトが左、コスタが右組みのケンカ四つ。33秒、パレトは両袖を得ると左袖釣込腰。コスタが耐えたとみるやすかさず今度は右袖釣込腰に入り直す波状攻撃、これで「技有」を奪う。その後も担ぎ技で攻め続け、残り1分、再び左袖釣込腰から右袖釣込腰の連絡で2つ目の「技有」を奪取。パレトが合技の一本勝ちで3位の座を確保した。

ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)○GS反則[指導3](GS0:20)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
ガルバドラフが左、ムンフバットが右組みのケンカ四つ。両者相手の出方を窺いながら試合を開始。ムンフバットがリーチの差を生かして釣り手で前襟を突くと、ガルバドラフは相手の上腕を外から抱える「モンゴル組み手」でこれに応じ、50秒に右方向の肩車に潜り込む。これはムンフバットが潰して「待て」。直後の1分10秒、組み手の攻防の途中で主審が試合を止め、ムンフバットに袖口の「指導」を与える。さらに1分50秒には奥襟を持たれて守勢に回ったムンフバットに極端な防御姿勢の「指導2」。後のなくなったムンフバットは直後組み際に加速して右大内刈。この技で相手を畳に這わせると、得意の「横三角」から崩上四方固を狙う。足を差し込むことには成功するも、耐えるガルバドラフを捲ることが出来ず、2分45秒「待て」。ムンフバットは続く展開でも攻勢を続け、隅返で引き込んだ3分2秒にはガルバドラフに消極的の「指導」。このポイントで一度ここまでの流れが切れ、以後は激しい組み手争い。ガルバドラフが3分45秒に場外際で奥襟を得て左方向の隅返を放つが、これはムンフバット崩れながらも腹這いで着地する。ムンフバットが隅返を打ち返したところで本戦の4分間が終わり、勝負はGS延長戦へ。

延長戦開始直後、ガルバドラフが釣り手で脇を差すとムンフバットこれに応じて上から背中を抱き、右方向の隅返に潜り込む。しかし、手が離れて自分だけが畳に落ちる形となってしまい、GS20秒、偽装攻撃で痛恨の「指導3」。ガルバドラフがもとチームメイトとの対決を制し、3年連続となる銅メダルを獲得した。

eJudo Photo
決勝、ビロディドの大内刈「一本」

【決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○大内刈(2:07)△渡名喜風南
左相四つ。ビロディド釣り手で奥襟を持つと先んじて作用足を差しいれて左内股。渡名喜崩れるものの逆に横三角で攻め、これを起点にしつこく寝技を展開し49秒「待て」。

ビロディドは引き手で先んじて袖を浅い位置で持ち、遠間から奥襟を叩くという得意の形でガッチリ組む。ここから左足を蹴り崩すと、渡名喜は耐え切れず腰を入れながら潰れてしまう。以後もビロディドは引き手で袖を掴み、奥襟を叩き入れながら左大内刈を入れる得意の形で攻め続け、後手を踏む渡名喜は左体落に潰れて展開を散らすのがやっと。ビロディドこれを引き起こして引きずり、時間が経つにつれ自信を深めていく様子。2分過ぎ、渡名喜両手を伸ばして相手の釣り手を先に抑えようとするも、ビロディドこの駆け引きの中でまたしても先んじて引き手で浅く袖を得る最高の形。いったん離れて体を開き、遠間から奥襟を叩きながら左大内刈に飛び込むと渡名喜思わず頭を下げたまま後退してしまいこの一撃をまともに食う。体を「く」の字に折り曲げたまま後方に吹っ飛び「一本」。ビロディドは主審をみやるなり感極まって涙、ここに世界柔道選手権史上最年少王者が誕生した。

eJudo Photo
2回戦、渡名喜風南がシラ・リショニーから小外掛「技有」

【日本代表選手勝ち上がり】

渡名喜風南(パーク24)
成績:2位


[2回戦]
渡名喜風南○優勢[技有・小外掛]△シラ・リショニー(イスラエル)
渡名喜が左、リショニーが右組みのケンカ四つ。渡名喜始まるなり左小外掛で押し倒し、次いで腹を包んで寝技でしつこく攻め続ける。リショニーは不利をかこつが、中途で見せた釣り手で後帯を掴んでの密着攻撃に手ごたえを得たか、2分過ぎにはひときわ深く背中を抱え、ほとんど右の横帯まで掴む。しかしこれは勘違い、接近したことでかえって渡名喜の力をまともに浴びることになり、掴んだ瞬間渡名喜の左小外掛を食らって2分17秒「技有」。渡名喜は以後も左小外掛に左体落、そしてしつこい寝技と攻め続けて快走。リショニーがヒットアンドアウェイで極端に攻守の落差をつけたため以後のポイントこそなかったが、攻め続けたままタイムアップのブザーを聞く。

[3回戦]
渡名喜風南○GS袈裟固(GS5:12)△カン・ユジョン(韓国)
渡名喜が左、カンが右組みのケンカ四つ。渡名喜は二段の左小外刈に大内刈、左体落と攻め続けるがこの試合場は反則裁定が遅く、ようやくカンに消極の「指導」1つが入ったのは試合時間1分44秒。以後も渡名喜は小外刈を中心に有効打を放ち続けるが、カンが手数稼ぎにひとまず放つ座り込みの小外刈を主審は攻撃とみなしたか、続く反則裁定がなかなか為されない。渡名喜が攻め続けたまま試合はGS延長戦へ。以後も様相ほとんど変わらずも、カンはGS40秒に肚を括ったか、思い切り背中を深く持ちながらの右内股。しかし意外にも渡名喜まったくといっていいほど崩れず、これを立ったまま受け切って潰す。攻められ続けて、しかも完璧すぎるほど勢いをつけたもっとも力が伝わる形の技で相手を全く崩せないカンは非常に苦しい状況。渡名喜は左小外刈に釣り手を開いての左体落と攻めまくり、さすがに主審が動いてGS2分37秒カンに2つ目の「指導」。いつ3つ目の「指導」を失ってもおかしくないカンは攻めまくる渡名喜の隙を突き、GS3分4秒には背中を深く抱えての右大内刈。長身のカンが思い切り腰を寄せて撃った一撃、さすがに渡名喜崩れるかと思われたが、体を反らしたまま耐え切り最後に頽れたのはカンの側。GS5分に差し掛かるところで、渡名喜左背負投でカンを崩すと腹を包んで相手をめくり、頭を抱えて袈裟固。これでようやく試合決着、「一本」。

[準々決勝]
渡名喜風南○崩上四方固(4:00)△ジュリア・フィゲロア(スペイン)
渡名喜、フィゲロアともに左組みの相四つ。渡名喜が粘り強く引き手で袖を掴んで組み手を続けると、この駆け引きだけでフィゲロア追い詰められていく。1分20秒に消極的との咎で「指導」、1分37秒には場外の咎で「指導2」。残り30秒を切ってからの寝技の攻防、フィゲロアは谷落の形で渡名喜を捕まえたまま後に放ってポイントアピールの声をあげるが、大きく展開したことでかえって地力の差が出てしまうことに。身を捌いた渡名喜がここから巧みに崩上四方固に繋ぎ「一本」。

[準決勝]
渡名喜風南○反則[指導3](3:47)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
ムンフバットが右、渡名喜が左組みのケンカ四つ。互いに釣り手で襟、引き手で袖を持ったまま腰を切り合う牽制が長く続き、44秒双方に消極的との咎で「指導」。直後ムンフバットが鋭い隅返に飛び込んであわやと思わせるが、渡名喜どう体を捌いたのか崩れ切らず早い動作で立ち戻って攻防継続。しかし1分39秒、渡名喜が釣り手を外から回して背を抱え掛かると、ムンフバットこれを呼び込んで叩き外し、返す刀で左襟を握った右背負投。背を反らして投げ切ったこの技は「技有」。両者の力関係を考えればあまりにも決定的なポイント。もはや勝負を掛けるしかない渡名喜は前進、1分57秒ムンフバットに場外の「指導2」。ムンフバットの組み手と先手の技で続く1分間を消費させられた渡名喜、残り1分を切るところから肚を括って戦法をチェンジ。リスク承知で背中を抱え、接近戦からの小外掛を狙う。残り30秒、背を抱えての左小外掛にムンフバット一瞬で背中から畳に落下するが同時に隅返を打っており、これはスルー。しかしこの一撃が恐怖心を呼び起こしたか、以降渡名喜の背中を抱えての突進をムンフバットは捌きかねる。背負投に掛け潰れ、続いて渡名喜が脇を差して小外掛で密着すると耐え切れず、手を離しての巻き込みで腹ばいに逃れる。主審偽装攻撃の「指導3」を宣告しかかるが、これで試合が決まることに気づき動作を中断、インカムで副審と合議する手続きを踏む。結果判定は覆らず、あらためて「指導」が宣告されて試合終了。渡名喜の状況をよく弁えた戦術変更と勇気が逆転勝利を呼んだ興味深い一番。ムンフバットは冷静に事態を受け入れつつも、悔し涙。勝負師らしく、判定云々を超えて自身の負けを悟ったという印象であった。

[決勝]
渡名喜風南△大内刈(2:07)○ダリア・ビロディド(ウクライナ)
※前述のため省略


※写真は権利者の許諾を得て掲載しています
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.