PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】五輪に向けた最重要分岐点、朝比奈沙羅の戴冠なるか・女子78kg超級概況×有力選手紹介

(2018年9月19日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】五輪に向けた最重要分岐点、朝比奈沙羅の戴冠なるか
女子78kg超級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
78kg超級戦力推測マップ。V候補朝比奈を脅かすものがあるとすれば、「オルティスが」「本気の調整で仕上げて来た」場合のみ。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況

イダリス・オルティス(キューバ)の戦列復帰と強国中国の世代交代が本階級の2大トピック。

オルティスは昨年11月の世界無差別選手権で大会に復帰、以来同大会3位、12月のワールドマスターズ2位という結果を残している。全盛期のオルティスと比べれば物足りないと言わざるを得ない成績だが、この人はフォーカスした大会かどうかでパフォーマンスがまったく変わる選手。直近に行われた8月のグランプリ・ブダペストでは全試合一本勝ち(反則含む)で優勝を飾っており、今大会は本気で仕上げてくる可能性もある。もし本気であればこれは極めて貴重な観察の機会。ここでどれだけの戦いが出来るかで、階級最大の不確定要素・オルティスの東京五輪まで位置付けを測ることが出来るだろう。

一方、中国勢は昨年大会の覇者であるユー・ソン(中国)がその後一度も大会に姿を見せておらず実質的な引退状態。今大会にも昨年来ユーに変わって大会参加を続けてきたワン・ヤン(中国)が、3週間前のアジア大会に続いて送り込まれている。この選手はグランドスラム・パリで素根輝(南筑高3年)に勝利するなど一定の存在感を示しているが、柔道はまだまだ荒削りで、大型のトップ選手に正面から勝ち切るまでの力はない。今大会は2年後を目指した経験の場、オリンピックに向けた投資の場ということだろう。現実的にワンが上位まで勝ち上がることは難しいと思われるが、将来日本勢のライバルとなる可能性は大。是非ともここでチェックしておきたい。

上記の2点以外は昨年大会とそれほどメンバーも変わらず、全体としては小粒な印象。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.