PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】絶対王者リネールが欠場、「大型重量vsアスリートタイプ」構図の決着と日本勢の復権なるかが2大テーマ・男子100kg超級概況×有力選手紹介

(2018年9月19日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】絶対王者リネールが欠場、「大型重量vsアスリートタイプ」構図の決着と日本勢の復権なるかが2大テーマ
男子100kg超級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
戦力推測マップ。各層とも「大型vsアスリート系」の対立構図が1つのテーマだ。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/古田英毅

絶対王者テディ・リネール(フランス)が欠場。同選手は今年4月に東京五輪までの2年間は世界選手権には出場しないと表明しており、その言葉通りに今大会の出場を見送った格好だ。

このリネール不在という状況により、今大会は多くの強豪が世界王者の称号を求めて争う、リネールの台頭以来見ることのなかった大混戦となった。なにしろ2007年リオデジャネイロ大会におけるリネール優勝以来、「100kg超級の世界チャンピオン」は彼のほか1人も生まれていないのだ。出場選手のモチベーションの高さ、推して知るべし。

大きな対立軸は今シーズンの100kg超級を貫くテーマである「大型vsアスリート体型」だ。本階級は昨年来グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)やオール・サッソン(イスラエル)に代表されるような、細身でスピードがあって担ぎ技の得意な選手が大量発生。多くの大会でこれら「ツシシヴィリ・フォロワー」が好成績を残している。ヤヴァド・マージョウブ(イラン)やベクムロド・オルティボエフ(ウズベキスタン)などはこの典型。一方、ロンドン‐リオ期に全盛を誇った旧来型の大型選手たちは軒並み成績を落としており、一線級として生き残っているのはもはやラファエル・シウバ(ブラジル)のみ。アダム・オクルアシヴィリ(ジョージア)に至っては、ついに世界選手権代表の座からも陥落してしまった。リネール不在の今大会はまさにこの新旧両陣営による争いの一つの総決算。果たしてシウバら大型選手が勢力を盛り返すのか、それともツシシヴィリらのアスリート体型選手が完全に階級の主役の座に取って代わるのか。今後の100kg超級の行方を占う歴史的ターニングポイントとなるであろう。既に大型選手陣営が死に体であることを考えると、表彰台に旧来型の大型選手が1人も居ないという自体すら考えられるのではないだろうか。

もう一つの本階級における重要テーマは日本勢の復権なるか。昨年のブダペスト世界選手権では日本代表の原沢久喜、王子谷剛志(旭化成)が揃って序盤戦で敗退。同時にツシシヴィリらが台頭したこともあり、国際シーンにおける日本勢の存在感はこの1年間で大きく減じてしまったように感じる。リネールがいないことを考慮すると、狙うべきは2008年の北京五輪以来となる最重量級の世界王座奪還ただ一つだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.