PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】優勝候補は今期絶好調のマロンガ、濵田尚里が寝技を武器にパワーファイター闊歩する「魔境」に挑む・女子78kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月19日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】優勝候補は今期絶好調のマロンガ、濵田尚里が寝技を武器にパワーファイター闊歩する「魔境」に挑む
女子78kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
戦力推測マップ。三強は濱田、チュメオ、アギアールだが編集部は優勝候補筆頭に絶好調のマロンガを推す

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■ 階級概況

男子の100kg級と同じく、パワーとスピードを兼ね備えたフィジカルエリートたちが集う本階級。この肉体的な優位性が招いた結果なのか、下記の有力選手をご覧いただけばわかる通り、現在はパワーファイターばかりが我が物顔で闊歩。力を力で制する「魔境」、どの階級ともまったく違う世界が出来上がっている。ロンドン‐リオ期にはケイラ・ハリソン(アメリカ)が寝技という論理的な「文明の利器」を持ち込んで一時代を築いたが、今回同じ武器を持ってここに挑むのは日本代表の濵田尚里(自衛隊体育学校)。濵田対パワーファイターというのがトーナメント全体を通じた大きな対立構図だ。

濵田の優勝争いのライバルはマイラ・アギアール(ブラジル)とオドレイ・チュメオ(フランス)。濱田にこの2名を加えた3名を現在の78kg級における三強と定義して差し支えないだろう。ただし、今大会ではこの優勝争いのメンバーに、4月以降負けなしの絶好調、直接対決で濵田やチュメオも破っているマドレーヌ・マロンガ(フランス)の名前を加えさせていただきたい。三強が揃って直近の大会で低パフォーマンスを見せてしまっていることを考えると、むしろ優勝候補の一番手はマロンガだと言うことも出来るのではないだろうか。果たしてマロンガがここまま一気にブレイクを果たすのか、それとも再び階級の序列のなかに沈むこととなるのか。濵田の勝ち上がりと合わせてこの選手の勝ち上がりに大いに注目したい。

■有力選手

濵田尚里(自衛隊体育学校)
HAMADA Shori
27歳 1990/9/25
WR:10位 組み手:右組み
得意技:寝技、右内股
使用技:右小外刈、右大内刈、出足払、巴投

女子柔道屈指の寝業師。2017年シーズンは出場したすべての国際大会に、それも全試合一本勝ちで優勝、27歳にして初の世界選手権代表の座を掴んだ。前述の通り「女子最強」とも謳われる寝技のスペシャリストであり、寝姿勢になるなり腕緘から引き込んで関節を極めてしまう様は圧巻。あまりの威力とインパクトにフォロワー続出、現在の「腕緘返し」流行の発火点になった印象あり。実は投げ一発の威力も凄まじいものがあるが、相手の技を正面から受けてしまう受けの脆さがあり、ある程度立技も出来ることが逆説的に弱点になってしまっている。今大会ではどこまで寝勝負を徹底できるかがポイント。

【おもな戦績】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.