PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】新旧勢力入り乱れた大混戦、優勝争いの軸は2連覇狙うウルフアロンと大型新人イリアソフ・男子100kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月19日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】新旧勢力入り乱れた大混戦、優勝争いの軸は2連覇狙うウルフアロンと大型新人イリアソフ
男子100kg級概況×有力選手紹介
→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

eJudo Photo
戦力推測マップ。編集部の推しはイリアソフとウルフ。

質、量ともに十二分、フィジカルエリート集う花形階級に相応しい陣容。100kg級は充実の時代を迎えている。
エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)やシリル・マレ(フランス)ら未だ階級の上位に留まり続けるロンドン‐リオ期の強豪たちに、ウルフアロン(了徳寺学園職)やマイケル・コレル(オランダ)といったリオデジャネイロ五輪以降に台頭した新興勢力、ここにヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)やキリル・デニソフ(ロシア)ら90kg級からの階級アップ組が合流。新旧の勢力が混ざり合って大会の度に激しい序列争いを繰り広げている。ジュニア世代からも上位候補の有望株が続々と育ってきており、この混戦模様は東京五輪に向けて一層加速していくこととなるだろう。

階級の構図は81kg級と似ており、下記に上げた有力選手全員に優勝から初戦敗退までの可能性がほぼ均等に存在する状況。強豪があまねく集う世界大会ゆえ、初戦から決勝レベルの好カードが続出することになるだろう。昨年来主役級の活躍をしているトマ・ニキフォロフ(ベルギー)とミクロス・サーイエニッチ(ハンガリー)の2名が欠場しているが、それでも全く面子の濃さは、まったく薄まらない。

優勝争いの柱は、昨年大会王者のウルフアロン(了徳寺学園職)と、今年台頭したロシアの大型新人ニヤズ・イリアソフ(ロシア)の2人。ウルフは昨年の戴冠以来、怪我が重なって1年近く国際大会に出場することが出来なかったが、復帰と調整を兼ねて出場した8月のグランプリ・ブダペストでは素晴らしい出来を披露して優勝。精神的にも肉体的にもより大きな圧が掛かる世界選手権でどこまでのパフォーマンスを発揮できるのか一抹の不安はあるものの、戦術的なレベルの高さを考えれば(これはコンディションにさほど左右されない要素である)、少なくともトーナメントの軸となるだけの活躍は十分見込めるだろう。

一方のイリアソフは今年に入ってから出場した3大会で実質無敗(グランプリ・アンタルヤの敗退は試合中の負傷によるもの)。優勝を果たした2大会では凄まじい勝ちぶりの良さを披露しており、いまだに実力の底を見せていない。階級の序列にもまだ組み込まれておらず、上位陣がことごとくウルフに敗れている現状にあって、仮にウルフを破り得る選手を挙げるとすればこの人ということになるだろう。編集部ではそのスケール感の大きさも買って優勝候補筆頭にピックアップした。果たしてこの選手を今後序列のどのあたりに「座らせる」ことが妥当なのか、この力を測ることも今大会の大きなテーマの一つだ。

■ 有力選手
eJudo Photo
連覇を狙うウルフアロン

ウルフアロン(了徳寺学園職)
WOLF Aaron
22歳 1996/2/25
WR:17位 組み手:左組み
得意技:左内股、左大内刈、左小外掛
使用技:左大外刈、隅返、肩車、横落、裏投、支釣込足

現役世界王者。怪我が重なって代表選考大会には一度も出場できなかったが、羽賀龍之介(旭化成)が肩の手術のために長期離脱、飯田健太郎(国士舘)は選考大会で結果を出せずとライバルたちが揃って脱落。実績が重視される形で今年も世界選手権代表の座を手に入れた。国際大会復帰戦となった8月のブランプリ・ブダペストは圧倒的な強さで優勝、少しずつ調子を上げて今大会に臨む。得意技は作用足を差し入れてから継ぎ足で飛び込む左内股。このほか左大内刈や前技フェイントの左小外掛、組み際の肩車も得意としている。分析能力が極めて高く、用いる技はどれも自分の特徴に合わせてカスタマイズを施した、独特のもの。作戦も現実的で緻密。自身の手札を過不足なく把握し、どこでどう使って勝つかを、それも自身が手が届く範囲で具体的に考えて実行し続けるリアリストである。

【おもな戦績】
2017年 ブダペスト世界選手権 優勝
2017年 全日本選手権 2位
2017年 グランプリ・デュッセルドルフ 2位

【最近の成績】
2018年8月 グランプリ・ブダペスト 優勝

eJudo Photo
ニヤズ・イリアソフ

ニヤズ・イリアソフ(ロシア)
ILYASOV Niyaz
23歳 1995/8/10
WR:9位 組み手:右組み
得意技:右小外掛、右釣込腰
使用技:左小外刈、右大外刈、右背負投、隅落、浮落

ロシアの大型新人。3月のグランドスラム・エカテリンブルクでは階級の上位陣を次々破って優勝。あまりの勝ちぶりの良さで周囲を驚かせた。柔道スタイルはパワーを前面に押し出したもの。背中を抱き込み、脇を差してと密着した形を基本としている。得意技は脇を差した状態から仕掛ける抱きつきの右小外掛と、背中深くを持った状態から一気に腰を差し入れて吊り上げる右釣込腰。懐の深さを生かした後の先の技も得意としており、前述のエカテリンブルク大会決勝ではトマ・ニキフォロフ(ベルギー)の右大外刈をほとんど移腰に近い浮落で切り替えしてみせた。今年見せている抜群の強さ、そして未だ階級の序列に収まり切っていないそのスケール感の大きさを買って、ここでは優勝候補として推したい。

【おもな戦績】
2018年3月 グランドスラム・エカテリンブルク 優勝
2017年 グランドスラム・エカテリンブルク 優勝
2015年 世界ジュニア選手権 優勝

【最近の成績】
2018年7月 グランプリ・ザグレブ 優勝
2018年4月 グランプリ・アンタルヤ 5位

eJudo Photo
ヴァーラム・リパルテリアニ

ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)
LIPARTELIANI Varlam
29歳 1989/2/27
WR:1位 組み手:右組み
得意技:右外巻込、右払巻込、右内股巻込
使用技:横車、裏投、隅落

昨年の世界選手権準優勝者。2016年リオデジャネイロ五輪後に階級を変更、1年目から世界選手権2位、ワールドマスターズ優勝と抜群の成績を残してみせた。柔道界屈指の「巻込師」であり、相手の体勢や持つ場所を選ばず力強い巻込技を仕掛けて来る。肩が非常に柔らかく、釣り手を残して右払腰や右内股を仕掛け、技が一度止まったところから巻き込む形も得意としている。階級変更後は横車や隅落など後の先の技の使用頻度が増えており、こちらでのポイント獲得も多い。

【おもな戦績】
2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 優勝
2017年 ブダペスト世界選手権 2位
世界大会 5年連続3位以上(2位3回、3位2回) ※90kg級時代が4回

【最近の成績】
2018年8月 グランプリ・ブダペスト 2回戦敗退
2018年4月 ヨーロッパ選手権 2回戦敗退
2018年2月 グランドスラム・デュッセルドルフ 優勝

eJudo Photo
キリル・デニソフ

キリル・デニソフ(ロシア)
DENISOV Kirill
30歳 1988/1/25
WR:5位 組み手:左組み
得意技:左内股、左小内刈、支釣込足
使用技:左払腰、左小外刈、浮落、隅落

昨年の世界選手権銅メダリスト。2016年リオデジャネイロ五輪後に階級を変更、ブダペスト世界選手権ではいきなり3位を獲得した。体幹の強さと膂力が柔道のベース。この階級は小柄な方だが長身選手を非常に得意としており、釣り手を巻き替えては相手を懐に抱き込み、100kg級の強豪たちの力を無力化してしまう様はなかなかに痛快。軽快なステップから繰り出す左内股が得意技。足技も切れ、左小内刈や支釣込足は高い取り味を誇っている。ゆったりとした柔道着の着こなしや人を食ったような飄々とした表情が特徴。

【おもな戦績】
2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 5位
2017年 ブダペスト世界選手権 3位
世界大会 8年連続5位以上(2位2回、3位3回、5位3回) ※90kg級時代が7回

【最近の成績】
2018年7月 グランプリ・ザグレブ 7位
2018年4月 ヨーロッパ選手権 2回戦敗退
2018年3月 グランプリ・アガディール 優勝

eJudo Photo
マイケル・コレル

マイケル・コレル(オランダ)
KORREL Michael
24歳 1994/2/27
WR:2位 組み手:右組み
得意技:右小内刈、右一本背負投
使用技:右袖釣込腰、左袖釣込腰、右内股

昨年のワールドマスターズ準優勝者。リオデジャネイロ五輪後に台頭した新興勢力の筆頭格。鍛え抜かれた肉体をベースに左構え、あるいは両袖の形から威力のある担ぎ技を仕掛けてくる。右一本背負投を連発する手数攻勢が基本戦法であり、「指導3」を積んでの勝利も多い。最も取り味があるのは担ぎ技の弾幕に混ぜ込む形で仕掛ける右小内刈、上体を右一本背負投のように固めて引き落とすように相手を刈り倒す。ここぞという場面での得点はほとんどがこの技である。

【おもな戦績】
2018年2月 グランドスラム・パリ 優勝
2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 2位
2017年 ブダペスト世界選手権 5位

【最近の成績】
2018年3月 グランドスラム・エカテリンブルグ 5位

eJudo Photo
エルマー・ガシモフ

エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)
GASIMOV Elmar
27歳 1990/11/2
WR:19位 組み手:両組み
得意技:左小外掛、右小外掛、肩車、横落
使用技:右外巻込、右袖釣込腰、隅落、浮落、隅返、谷落

2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリスト。激戦区の100kg級にあって常に安定して結果を残し続けている強豪。組み手は両組み、相手との力関係に合わせて自身の組み手を選択する。釣り手のみを持った形が基本形で、この片手の状態からは肩車や横落、小外掛を仕掛け、右構えのクロスグリップからは右外巻込、右袖口を持った状態からは右袖釣込腰を用いる。リスクの少ない捨身技連発で相手を焦らせ、相手が仕掛けてきたところを後の先の技で仕留めることも多い。

【おもな戦績】
2017年 ブダペスト世界選手権 3位
2016年 リオデジャネイロ五輪 2位
ワールドマスターズ 優勝2回(2015年、2016年)

【最近の成績】
2018年8月 ヨーロッパオープン・ミンスク 優勝
2018年2月 グランドスラム・デュッセルドルフ 7位
2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 7位

eJudo Photo
チョ・グハン

チョ・グハン(韓国)
CHO Guham
26歳 1992/7/30
WR:10位 組み手:右組み
得意技:左一本背負投、左小内巻込
使用技:右背負投、右背負投(韓国背負い)

階級を代表する「曲者」。粘戦志向の韓国型担ぎ技ファイターであり、体ごと波打つような独特のリズムで間合いを出入り、担ぎ技の弾幕の中に威力の高い一撃を叩き込む。重心が低いために投げにくく、試合巧者のこの選手を相手にポイントを先行されると非常に厄介。右組みだが、もっとも得意とするのは釣り手のみを持った状態からの左一本背負投。この技に相手が慣れた頃に仕掛ける右小内巻込も取り味十分で。「指導」奪取型の選手であるものの、ルール変更に合わせて投げの威力を向上させてきている印象。将来が有望視される本格派の前に立ちはだかり続けてきた、階級の番人的存在。

【おもな戦績】
2018年2月 グランドスラム・パリ 2位
2017年 グランドスラム東京 優勝
2017年 グランドスラム東京 優勝

【最近の成績】
2018年8月 アジア大会 2位
2018年5月 グランプリ・フフホト 優勝
2018年4月 グランプリ・アンタルヤ 1回戦敗退

eJudo Photo
シリル・マレ

シリル・マレ(フランス)
MARET Cyrille
31歳 1987/8/11
WR:16位 組み手:右組み
得意技:右払腰、右大外刈、寝技
使用技:肩車、右釣込腰、右釣腰、右体落、巴投、左小外掛

リオデジャネイロ五輪銅メダリスト。代名詞となるような必殺技はないものの、立技から寝技まで様々な技術を使いこなす欧州型のオールラウンダーである。二本持った基本に忠実な形から右払腰や右大外刈を狙う。奇襲技として組み際の肩車を持っており、これには特に注意が必要。立技から寝技への移行が早く、相手の伏せ際を狙った「ボーアンドアローチョーク」や腕挫十字固による勝利も多い。実力的充実の一方で勝負に甘い側面があり、試合終盤で逆転されることが多々ある。

【おもな戦績】
2016年 リオデジャネイロ五輪 3位
2016年 ワールドマスターズ・グアダラハラ 2位
グランドスラム・パリ 優勝3回(2014年、2015年、2016年)

【最近の成績】
2018年4月 ヨーロッパ選手権 2位
2018年3月 グランドスラム・エカテリンブルグ 2回戦敗退
2018年2月 グランドスラム・パリ 3位

eJudo Photo
ジョルジ・フォンセカ

ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)
FONSECA Jorge
25歳 1992/10/30
WR:6位 組み手:右組み
得意技:右背負投、右袖釣込腰、右大外刈、裏投
使用技:右一本背負投、右大外刈、右小外掛、出足払、右小内刈

階級屈指の業師。切れ味と力強さを兼ね備えた職人芸的な技を多数持ち、相手との力関係に関係なく「一本」を量産している。得意技は相手の懐深く潜り込んで一気に担ぎ上げる右背負投。両袖の右袖釣込腰や、同じく両袖から仕掛ける右大外刈もかなりの威力がある。足技も得意としており、こちらの切れ味の相当なもの。業師タイプにありがちな受けの脆さがあり、優勝候補を倒したかと思うと無名選手にあっさりと敗れることも多い。表彰台獲得の有無という意味ではあまり結果を残せていないが、本階級を語るには外すことの出来ない名バイプレイヤーだ。

【おもな戦績】
2018年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 3位
2017年 ワールドマスターズ・サンクトペテルブルク 5位
2017年 グランドスラム・パリ 3位

【最近の成績】
2018年8月 グランドスラム・ブダペスト 2回戦敗退
2018年7月 グランプリ・ザグレブ 3回戦敗退
2018年4月 ヨーロッパ選手権 7位

eJudo Photo
カール=リヒャード・フレイ

カール=リヒャード・フレイ(ドイツ)
FREY Karl-Richard
27歳 1991/7/11
WR:22位 組み手:右組み
得意技:右内股、右払腰
使用技:右大外刈、右大内刈、左腰車、左背負投、裏投、巴投

2015年アスタナ世界選手権銀メダリスト。柔道スタイル自体は極めてオーソドックスだが、勝利のためには多少ダーティーな戦法も厭わない「悪ガキ」タイプで、良くも悪くも思い込みが激しい印象。この手の選手の例にもれずセルフコントロールに難があり、かつては試合中に逆上して相手の顔をはたいたことまである(反則負け)。長身を生かし、襟と袖の二本を持って右内股や右払腰を仕掛ける戦い方が基本形。奇襲技として釣り手のみを持った状態から一気に左に腰を切って放つ左腰車も用いる。技自体にはケレン味がなく、よって地力で勝っていれば投げ、相手が上なら通用しないというような一種の硬直性があったが、最近は攻撃のバリエーションが増加。組み手をスイッチして仕掛ける左背負投や巴投も繰り出して一段役者としての存在感を増している。

【おもな戦績】
2016年 リオデジャネイロ五輪 5位
2015年 アスタナ世界選手権 2位
2014年 チェリャビンスク世界選手権 3位

【最近の成績】
2018年8月 グランプリ・ブダペスト 2位
2018年7月 グランプリ・ザグレブ 3回戦敗退
2018年5月 グランプリ・フフホト 2回戦敗退

eJudo Photo
マルティン・パチェック

マルティン・パチェック(スウェーデン)
PACEK Martin
31歳 1987/4/28
WR:23位 組み手:右組み
得意技:巴投、右払巻込
使用技:右大外巻込、右内股巻込、右内股

その長身が最大の特徴。背の高い選手が多い100kg級にあっても、頭一つ(レトリックではなく具体的に)抜けている。得意技は代名詞でもある巴投。真巴に「横巴」、蹴り上げる足の左右(両足も得意)、上体コントロールの形(組み手)、浸入角に決めの方向と実に多彩なバリエーションを持つ。通常この手の捨身技系選手はあまりリスクは犯さないものだが、体格を利した豪快な巻込技、腰技も得意としておりここぞの場面では投げ合いも厭わない。

【おもな戦績】
2016年 ワールドマスターズ・グアダラハラ 3位
2014年 チェリャビンスク世界選手権 5位
グランドスラム・チュメニ 優勝2回(2015年、2016年)

【最近の成績】
2018年8月 グランプリ・ブダペスト 5位
2018年5月 グランプリ・フフホト 2回戦敗退
2018年4月 ヨーロッパ選手権 1回戦敗退

eJudo Photo
カヨル・レイズ

カヨル・レイズ(カナダ)
REYES Kyle
24歳 1993/10/10
WR:56位 組み手:左組み
得意技:左内股、左大内刈
使用技:左小内刈、左小外刈、左背負投

日本大出身、日本中央競馬会所属。2013年の世界ジュニア選手権王者である。シニアでは特に昨年以降なかなか結果を出せずにいたが、7月のグランプリ・ザグレブでキリル・デニソフ(ロシア)ら強豪を次々破って準優勝。波に乗って本大会に臨む。柔道スタイルは襟と袖の二本を持つオーソドックスなもの。威力のある左内股のほか、この技から切り替えしての左大内刈も得意としている。日本勢にとっては国内の磁場で戦うことを強いられる、実力以上に厄介な相手。

【おもな戦績】
2016年 グランドスラム・パリ 2位
2013年 グランドスラム東京 2位
2013年 世界ジュニア選手権 優勝

【最近の成績】
2018年7月 グランプリ・ザグレブ 2位
2018年2月 ヨーロッパオープン・ソフィア 2回戦敗退
2017年 グランドスラム東京 2回戦敗退

その他有力選手

・ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)
・ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)
・ペテル・パルチク(イスラエル)
・イワン・レマレンコ(UAE)
・ヨアキム・ドファービー(スウェーデン)
・ラマダン・ダーウィッシュ(エジプト)
・アレクサンドル・イディー(フランス)
・ダニエル・ムケテ(ベラルーシ)

■ シード予想
eJudo Photo
優勝候補2名がノーシード。本質的な予想はドローを待たねばならない。

ウルフアロン(了徳寺学園職)やニヤズ・イリアソフ(ロシア)などシードから漏れた有力選手があまりに多く、この時点での勝ち上がり予想は不可能。まずはドロー結果、なかでもウルフとイリアソフの配置に注目だ。

【プールA】
第1シード:ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)
第8シード:ラマダン・ダーウィッシュ(エジプト)

【プールB】
第4シード:ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)
第5シード:ペテル・パルチク(イスラエル)

【プールC】
第2シード:マイケル・コレル(オランダ)
第7シード:チョ・グハン(韓国)

【プールD】
第3シード:キリル・デニソフ(ロシア)
第6シード:ニヤズ・イリアソフ(ロシア)

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.