PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】階級の構図動かす新たなトピックはなし、大野陽子と新井千鶴の優勝争いに注目・女子70kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】階級の構図動かす新たなトピックはなし、大野陽子と新井千鶴の優勝争いに注目
女子70kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
70kg級実力推測マップ。海外勢のレベルがそれほど高くなく、新井と大野の特徴と関係が優勝争いを揺らす最大の要素

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/古田英毅

■階級概況

ヨーロッパ選手権王者のキム・ポリング(オランダ)が欠場。階級のトップ選手1名を欠くこととなり、ただでさえ決して高くない本階級のレベルがさらに一段下がることとなった。

「有力な新人の登場」や「序列の再編」「世代間の勢力争い」「軸になる対立構造」「強国一国の勃興」などの階級を括る新しいトピックもない。欧州シリーズ2連勝の大野陽子1枚の登場はあるものの、ものすごく大雑把に言って、昨年と同じメンバーでシード編成とドローをもう1回やり直して戦う大会という印象。五輪に向けた直線的時間の流れでなく、円環的時間の中で競われる大会と言えそうだ。ファンとしては日本勢2名による「東京五輪の代表レースとしての優勝争い」以外に見どころを見出しにくい状況。

優勝争いに絡むだけの実力を持つのは、大野陽子(コマツ)と新井千鶴(三井住友海上)の日本勢2名に、ジュリ・アルベール(コロンビア)とマリア・ポーテラ(ブラジル)のパンナム勢2名を足した計4名まで。

その中で、日本勢2人の特徴と相性関係が優勝争いを揺らす最大の要素。その位置付けは、対海外勢では大野よりも安定した強さを持つ新井と、新井ほどの海外勢に対する強さはないが、新井に対してはめっぽう強い大野というものだ。新井は大野との対戦がなければそのまま優勝の可能性が高く、逆に大野が新井に勝利するようだとそれ以外の選手の勝利の可能性が揃って一律に増すこととなる。ただし、階級全体のレベルが高くないことも手伝って、大野もよほどのことがない限り海外勢に遅れを取ることはないはず。そのことを考えると最も優勝に近いのは大野だと言うことができるだろう。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.