PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】群雄割拠の大混戦、スター候補イゴルニコフが乱世平定を目指す・男子90kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】群雄割拠の大混戦、スター候補イゴルニコフが乱世平定を目指す
男子90kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
90kg級実力推測マップ。イゴルニコフの加入が今年度の特徴

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況


ダークホースのネマニャ・マイドフ(セルビア)が優勝をさらうという衝撃的な結末に終わった昨年のブダペスト世界選手権。マイドフはそのまま階級の上位に定着したものの、あくまで強豪の1人という立ち位置であり王者と呼べるほどの強さはない。加えてリオデジャネイロ五輪王者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)が肩の故障で長期離脱、今年形上は復帰を果たしたもののまだ本調子ではなく、そのライバルであったベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)やガク・ドンハン(韓国)もいまひとつ成績が振るわない。つまるところ、現在の本階級は81kg級と同様に飛び抜けた存在がいない大混戦、群雄割拠の戦国時代を迎えているということが出来るだろう。

しかし、81kg級とは異なりこの90kg級は前回大会からの1年間で東京五輪までの2年間、階級の顔となるべき1人の有望な若手選手を見出すことに成功した。今年の欧州選手権を制した21歳ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)である。今大会はこの選手の世界大会デビュー戦、果たして彼がこの階級を背負って立つだけの器かを確認する試験の場と位置づけることが出来るだろう。
イゴルニコフは今年既にベイカー、グヴィニアシヴィリ、ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)、ネマニャ・マイドフ(セルビア)らを破っており実力は申し分なし、純粋な力だけでいえばチャンピオンクラス。世界大会という圧が掛かる場で、しかも狙われる立場でミッションを達成できる精神的な太さと技術的、戦術的引き出しがあるかどうかが問われる。

果たしてイゴルニコフが前評判通りに大会を制して新たな時代を作るのか、それとも他の選手がそれを阻止して81kg級と同様、戦国時代が続くことになるのか。少なくとも今大会の観戦の軸は間違いなくこの選手である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.