PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】早くも訪れた3トップ構造の転換点、アグベニューに田代未来とトルステニャクが挑む・女子63kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】早くも訪れた3トップ構造の転換点、アグベニューに田代未来とトルステニャクが挑む
女子63kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
戦力予想マップ。「3強」の構図には転換期が訪れている。矢印は赤がアグベニュー、青がトルステニャク、黄色が田代。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:古田英毅/eJudo編集部
Text by Hideki Furuta

■階級概況

昨年のブダペスト世界選手権においてクラリス・アグベニュー(フランス)がティナ・トルステニャク(スロベニア)に2年ぶりに勝利。これによって2015年から続いたアグベニューとトルステニャク、そして日本勢による三すくみ構造は崩壊した。さらに昨年末のワールドマスターズ・サンクトペテルブルク大会では田代未来(コマツ)が日本勢としては7年ぶりにアグベニューに勝利。2月のグランドスラム・パリ大会ですぐにリベンジされてしまったものの、アグベニューとトルステニャクの2トップの間に割って入り、新たにアグベニュー、トルステニャク、そして田代を頂点とする、3トップ時代の到来を告げた。

この3者の力関係は、トルステニャクと田代以外には絶対に負けないアグベニュー、そのアグベニューが最も苦手としているトルステニャク、トルステニャクには過去5勝0敗と負け無し、かつアグベニューを打倒し得る可能性がある田代というもの。ここからわかる通り、3トップ時代と言っても実際にはアグベニューの力が頭一つ分抜きん出ている。さらにアグベニューは4月のヨーロッパ選手権でもトルステニャクを破って優勝を飾っており、ロンドン-リオ期後半にピークを迎えていたトルステニャクの優位は徐々に減退傾向。今大会でアグベニューの優勝を許した場合には、そのままアグベニュー一強の時代へと突入しかねない情勢であり、その意味では今大会は、東京五輪までの大きな流れを規定するターニングポイントでもある。果たしてアグベニューが突き抜けて自らの時代を作るのか、それともトルステニャクと田代のいずれかがこれに蓋をして3トップ時代が継続することとなるのか、この3名の戦いぶりから目が離せない。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.