PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】強豪ひしめく戦国時代、トップグループによる「出世争い」に注目・男子81kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】強豪ひしめく戦国時代、トップグループによる「出世争い」に注目
男子81kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
81kg級戦力推測マップ。今年も大混戦状態が続いている。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況

リオデジャネイロ五輪が終わって以降、本階級は大会の度に表彰台の顔ぶれがごっそりと入れ替わる戦国時代に突入した。この傾向は昨年8月、当時世界ランク124位のアレクサンダー・ヴィーチェルツァク(ドイツ)と同61位のマテオ・マルコンチーニ(イタリア)が決勝を争ったブダペスト世界選手権において、一つの頂点に達したと言えるだろう。

昨年のコラムではこの大混戦の理由を「映像メディアの発達による技術の均一化」と「ルールの過渡期ゆえの番狂わせの頻出」に求めたわけだが、あれから1年。ほとんどの選手が新ルールに慣れたこともあり、階級の現状はかなり落ち着いてきている。まず第一に上位陣の顔ぶれがだいぶ固まり、およそ20名程度のトップグループによって表彰台が争われるようになった。選手の実力が伯仲しているために組み合わせやコンディションによって毎回勝者が入れ替わる状況は変わっていないが、全くの無名選手に優勝候補が敗れるようなアップセットはかなり減じたように思われる。技術の均質化についても「ルール変更への適応が遅れた選手に対して優位を得る」という目的が失われたこともあり、例えば昨年の帯取返(ハバレリ)の場合のような特定の技術の大流行は見られなくなった。下記の選手紹介をご覧いただければご理解いただけるだろうが、現在の81kg級は男子全階級でも飛び抜けて多様なタイプが揃っている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.