PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】V候補筆頭は出口クリスタ、ドルジスレンと芳田司はコンディションが勝負の鍵・女子57kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】V候補筆頭は出口クリスタ、ドルジスレンと芳田司はコンディションが勝負の鍵
女子57kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
戦力推測マップ。出口クリスタ、芳田司、ドジスレン・スミヤが階級三強。

■階級概況

ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)、出口クリスタ(カナダ)、芳田司(コマツ)の3名が現在の57kg級における三強。このなかで最も優勝に近いのは、今シーズン28勝1敗、勝利は全て一本勝ち(反則含む)ともっか絶好調の出口だ。本来であれば現役世界王者のドルジスレンを推すべきところだが、ドルジスレンは8月のアジア大会で格下に負けて3位と振るわず内容も悪し、芳田も公開練習の様子を見る限り好調とは言い難い。

出口の柔道スタイルは丁寧な組み手と足技を核としており安定感抜群、投げ一発の強さ以上にこれが出口を「推せる」なによりの根拠だ。最高到達点の高さではラファエラ・シウバ(ブラジル)もこの3名に割って入る力を持っているが、あまりに調子の波が大き過ぎるため、次戦予測の段階で推すことは難しい。上記3名(プラス1名)の力は近いレベルで競っており、コンディションの好不調で順位が入れ替わる可能性も十分に。まずは序盤戦、各選手の勝ち上がりに注目したい。

国内の57kg級は選抜体重別を制した玉置桃(三井住友海上)が勃興中、アジア大会に優勝してグランドスラム大阪の権利を得たことに加え、ドルジスレンに2連勝と世界大会のメインターゲットに対する相性の良さも示して大きく存在感を上げている。芳田は今回結果を出せなければ玉置に対して明確なアドバンテージがない状態でグランドスラム大阪での直接対決を迎えることとなり、52kg級の志々目愛(了徳寺学園職)らと同様実はここがキャリアの大きな分岐点になりえる状況。リオ後の日本の57kg級を背負って来た芳田がこのプレッシャーの中でどのような戦いを見せるのか、その真価が問われる大会だ。

表彰台争いについては上記3人で3枠までを占めるのはほぼ確実。下記で紹介する有力選手たちが残る表彰台の1枠を賭けて熾烈な争いを行うこととなる。誰が勝ってもおかしくない大混戦だが、可能性としてはクォン・ユジョン(韓国)、エレン・ルスヴォ(フランス)、ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)らの名前を挙げておきたい。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.