PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】橋本壮市が優勝候補筆頭、対抗はアンチャンリンとオルジョフ・男子73kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月18日)

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】橋本壮市が優勝候補筆頭、対抗はアンチャンリンとオルジョフ
男子73kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況

トップ層からリオデジャネイロ五輪金メダリストの大野将平(旭化成)、今年のヨーロッパ王者フェルディナンド・カラペティアン(アルメニア)、さらにデニス・イアルツェフ(ロシア)とムサ・モグシコフ(ロシア)のロシア勢2人を合わせた計4人が欠場。国内の選考事情を把握している日本の柔道ファンにとってはいまさらだろうが(ちなみに「大野が出ない」事実が海外の関係者やファンに綾得たインパクトは日本人が考える以上のものがあるようだ)、大野が抜けたことでトーナメントは「混戦」の側に一段シフトした感あり。

優勝候補の筆頭は現役世界王者の橋本壮市(パーク24)。対抗馬は昨年大会で橋本と決勝を争った地元アゼルバイジャンのルスタン・オルジョフと、直近の対戦で橋本を破ったアン・チャンリン(韓国)の2人だ。地力だけで考えれば橋本優位と評価すべきだが、橋本は5月のグランプリ・フフホト大会で左腕を怪我したためにここまでみっちり稽古を積めたとはいい難い状況にあり、かつライバルの2人はともに組み手の圧が効きにくく、「橋本スペシャル」を仕掛けるタイミングが限定されるケンカ四つ(左組み)。厳しい戦いが予想される。

この2人以外では、まだ橋本との直接対決がないアキル・ヤコヴァ(コソボ)が不気味な存在。7月のグランプリ・ザグレブ大会で優勝を飾り勢いに乗っている。橋本が得意としている右相四つではあるが、パワーもあり警戒が必要だ。

橋本、オルジョフ、アンの3人が表彰台に絡んでくるのは確実。これ以外の選手については下記に挙げる有力選手全員にチャンスがある混戦だが、地元開催で意気込んでいるであろうヒダリャット・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)と、国内の代表争いが激しくともにここで負ける訳にはいかないガンバータル・オドバヤル(モンゴル)とツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)のモンゴル勢2人を推しておきたい。

大野は8月のアジア大会でアンに勝利して優勝を果たしており、既にグランドスラム大阪の出場権も得ている。一番手が優位を取り続けられる現行制度にあって、橋本は立場的にかなりのアドバンテージがあるが、実はその差はごくわずか。今大会優勝してこの「一番手優位のスパイラル」をもう1年続けられるかどうか、世界選手権代表内定の「権利」を持ったままグランドスラム大阪を戦えるかどうかは東京五輪の代表権に、まさしく直結する。この圧の掛かる状況でどのような試合を見せてくれるのか。橋本の気持ちの入った戦いぶりに期待したい。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.