PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】ケルメンディ欠場でトーナメントは焼け野原、金メダル最有力は日本勢・女子52kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月17日)

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】ケルメンディ欠場でトーナメントは焼け野原、金メダル最有力は日本勢
女子52kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
戦力推測マップ。ケリメンディが欠け、優勝候補は日本勢2名となった。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況

階級の絶対王者マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)が欠場。昨年首を怪我して手術、復帰したものの本調子ではないという情報が入っており、どうやら今シーズンは「捨てる」選択をしたようだ。ケルメンディの実力と実績とコソボ国内での絶対的な立場を考えれば、五輪中間年におけるこの選択は一種論理的。

ケルメンディ欠場を受け、この階級はいよいよ志々目愛(了徳寺学園職)と阿部詩(夙川学院高3年)による一騎打ちの色合いが強まった。両者の直接対決とそれに至るまでの過程がトーナメントを貫く大きなテーマと規定してしまって良いだろう。実力的にここに割って入ることが出来るのはナタリア・クズティナ(ロシア)ぐらいだが、志々目と阿部の最近の充実具合を考慮すればアップセットの可能性は少ないと見るべきだろう。ただし、クズティナは4月以降大会に出場せずにこの大会にピークを合わせている模様、国際合宿では熱心に日本勢2人の研究を行う様子が見られた。なにがしかの対策を懐に呑んで挑んで来るものと思われる。29歳になったクズティナには志々目や阿部にはない経験値の高さがあり、日本勢2人の数少ない隙であるメンタル面でのタフさにも定評がある。試合が長引くような展開では、相手のペースに飲まれないよう注意が必要だ。

エリカ・ミランダ(ブラジル)も本来の力からすれば有資格者だが、近頃の冴えない戦いぶりを見る限り、志々目や阿部を破るような絵は到底思い浮かばない。アモンディーヌ・ブシャー(フランス)とシャーリン・ファンスニック(ベルギー)も表彰台争いには確実に絡んでくるだろうが、志々目や阿部を脅かす域ではないはず。

不確定要素として気に掛けておきたいのは今年4月に競技復帰を果たした30歳アンドレア・キトゥ(ルーマニア)。この選手のスタイルは相手の組み手をパワーで塗りつぶすもの。一方の阿部の柔道も組み勝つことが大前提、しかしおそらくキトゥほどのパワーの相手とはまだ対戦したことがないのではないだろうか。タイプだけを考えれば、どちらかが圧倒的に試合を支配する「100-0」「0-100」でしか試合が進まないことも想定され、もしパワー負けしてしまうと非常に厳しい展開もありえる。キトゥ、復帰後はまだ一度も全盛期のような強さは見せていないが、もともとこの選手は照準を合わせた大会で「のみ」実力を発揮するタイプ。要警戒である。

今大会は志々目と阿部にとっては来年の東京世界選手権、そして2020年の東京五輪に直結する非常に重要な戦い。ライバルの角田夏実(了徳寺学園職)は全日本選抜体重別選手権に続いてアジア大会でも優勝を収めており、ここでタイトル獲得に失敗すれば一気に3番手まで落ちる可能性すら考えられる。極めて圧の掛かる状況ではあるが、それに負けない強い気持ちを持って試合に臨んでもらいたい。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.