PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】2番手以降は大混戦も「阿部一強」構図は揺るぎなし・男子66kg級概況×有力選手紹介

(2018年9月17日)

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】2番手以降は大混戦も「阿部一強」構図は揺るぎなし
男子66kg級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
66kg級戦力推測マップ。阿部一二三の絶対性に揺るぎなし。

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

文責:林さとる/eJudo編集部

■階級概況

現役世界王者の阿部一二三(日本体育大3年)が絶対の優勝候補。過去2敗のダヴァドルジ・ツムルフレグ(UAE)と直近の対戦で土をつけられたドフドン・アルタンスフ(モンゴル)は今大会にエントリーしておらず、何をしてくるかわからないという意味では最も危険なファビオ・バジーレ(イタリア)も73kg級に去り、率直に言って怖い選手がほとんどいない状況。

単に階級内の序列から考えればアン・バウル(韓国)が対抗馬ということになるのだろうが、実力的にも相性的にも、阿部を脅かす域には至らないと見る。かつて苦手であった密着パワーファイタータイプの系譜にあるゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)やヴァジャ・マルグヴェラシヴィリ(ジョージア)の名前を無理やり挙げることもできるが、現在の阿部は担ぎ技を主体とした前襟中心の柔道スタイルに羽化を遂げており、パワー差をまともに受ける脇を差しての組み手が主体であった高校生時代のような苦戦は想定し難い。自身のレベルアップと、ロンドン-リオ期中盤から続く人材の目減りがクロスした結果、阿部の強さはもはや「絶対的」。

万に一つでも敗れることがあるとすれば自身の慢心やミスが引き金になるかと思われるが、この点についても7月のグランプリ・ザグレブ大会でまさかの敗退を喫する(ドフトン・アルタンスフに横落「一本」で敗退)という「良薬」の処方を受けており、今大会は相当気を引き締めて試合に臨むものと思われる。こうなればもはや心配はいらないだろう。豪快な「一本」連発での2連覇に期待したい。

阿部の独走の一方で2位以下の上位争いは混沌。前述のアンも世界選手権の覇者という来歴ほどの絶対性はなく、下記「有力選手」欄に名前を挙げる選手全員にチャンスがある大混戦である。編集部としては世界選手権3大会連続で銀メダルを獲得しているミハイル・プルヤエフ(ロシア)の4大会連続となる決勝進出なるかに期待したい。確率としてはアン、ザンタライア、マルグヴェラシヴィリ、タル・フリッカー(イスラエル)を中心とした争いになる可能性が高いだろう。

■有力選手

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.