PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【バクー世界柔道選手権2018特集】リネールら大物「戦略的欠場」もみどころは満載、充実陣容の日本勢は金メダルラッシュに期待・バクー世界柔道選手権2018オーバービュー

(2018年9月17日)

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。
【バクー世界柔道選手権2018特集】リネールら大物「戦略的欠場」もみどころは満載、充実陣容の日本勢は金メダルラッシュに期待
バクー世界柔道選手権2018オーバービュー
eJudo Photo
設営中の大会会場(IJFウェブサイトより)

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

→特設ページ・バクー世界選手権2018完全ガイド

柔道世界一決定戦、今年の柔道界最大のイベントである世界柔道選手権2018(9月20日~27日、アゼルバイジャン・バクー)がいよいよ目前に迫った。

この世界選手権、「柔道世界一を決める」紛うことなき最高峰大会であるが、日本から見た今大会の重要性と世界から見た立ち位置には若干の差がある。大会を楽しむため、観戦にあたっての前提条件があるとすればまずはこのあたりではないかと思われるので、ひとまずここから稿を起こしてみたい。

五輪までの中間年である今年の世界選手権の位置づけを語る上でのひとつの切り口は、「リネールとケルメンディの欠場」である。いわずもがなの絶対王者、世界選手権100kg超級8連中にして五輪の連覇者テディ・リネール(フランス)と、52kg級のリオ五輪金メダリストのマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)という、男女の横綱がいずれも今大会の出場を見送った。

ほか、これぞという選手でエントリーリストに名前がないのは、60kg級のイェルドス・スメトフ(カザフスタン)とディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)に73kg級の大野将平、48kg級のジョン・ボキョン(韓国)、78kg超級のユー・ソンとマー・スースーの中国コンビなど。渋いところでは60kg級のダシュダヴァー・アマーツヴシンとガンバット・ボルドバータルのモンゴル2強、73kg級の欧州王者フェルディナンド・カラペティアン(アルメニア)、70kg級のキム・ポリング(オランダ)、78kg超級の新鋭ホマーヌ・ディッコ(フランス)、また66kg級のダヴァドルジ・ツムルフレグをはじめとするモンゴル→UAE移籍組も姿を見せていない。昨年突如躍進した81kg級2位のマテオ・マルコンチーニ(イタリア)と90kg級2位のミハエル・ツガンク(スロベニア)は以後一度も畳に姿を現さず。

ケガ、世代交代、休養など各人それぞれ事情は異なるが、ひとつ言えるのは、今年の世界選手権が「戦略的欠場の最後の機会」であるということ。毎年開催に切り替わった2010年以降世界選手権は当年の世界王者決定戦であるとともに「五輪に向けた準備(調整、ポイント獲得、観察)」の場として捉えられるようになり、ロンドン-リオ期にこの位置づけは完全に定着。階級によって事情は異なるが、東京五輪を目指す役者は新戦力も加えて昨年のブダペスト世界選手権でほぼ出揃っており(リオ五輪のメインキャストが、振り返ってみれば「陣容薄い」と言われた2013年リオ世界選手権で実はほぼ全員出揃っていたことを思い起こしてもらいたい)、既に功成り名遂げた選手たちにとっては敢えて過酷な「手合わせ」に打って出るメリットは、そのミッションの難しさに比してさほど高くない。かつ国内で1番手、あるいはそれに準ずる地位を確実にしているベテランたちにとっては、リスクを掛けて世界一に挑戦し続けるよりも、もっとも効率良く、かつハイコンディションで五輪に出場出来るスケジュールを組むことがより肝要。この観点で考えれば、結果を残すべきデッドラインは今年ではなく来年度、2019年の東京世界選手権だ。出来得ればなるべく長く潜行して体を休め、コンディションを整え、技術的な上積みを得て「2020年モード」の柔道を作り上げ、最短距離で五輪に辿り着きたいと考えるはず。

この点、国内の代表争いが激しすぎて選手が常に結果を残さねばならない日本と、他強豪国は根本から事情が異なる。日本でこの「スケジュール」を考えて調整している(そしてそれが出来る立場にある)のはおそらく大野将平ただ1人のみ。いくつかのアスペクトがある今年度世界選手権であるが、大前提としてまずはこの4年スパンにおける今大会の「位置づけ」は理解しておくべきだろう。

とはいえ、大会のレベルが低いというわけではまったくない(女子52kg級のように明らかに高くない、焼け野原の階級もあるが)。「ロンドン-リオ期の強豪の生き残り度」「リオ以後の新興勢力の躍進度」の2つの項のせめぎあいがそれぞれの階級の様相を決める今大会であるが、例えばロンドン-リオ期のメインキャストの力が衰えぬままに新興勢力が大躍進中の100kg級などは階級丸ごとレベルが上がってまさしく充実期にあるし、90kg級や81kg級の混沌はいまだ先が見えず誰が抜け出してくるかわからない状況。技術の共有が容易になったことを背景に、全員の技術レベルが明らかに上がった100kg超級などは北京-リオ期の停滞が嘘のような「面白い役者」が乱立している。48kg級のダリア・ビロディド(ウクライナ)や90kg級のミハイル・イゴルニコフ(ロシア)、100kg級のニヤズ・イリアソフ(ロシア)など才能あるスター候補も多士済々。これらの階級は誇張なしに「1試合も見逃せない」域、今年も世界選手権はやっぱり面白い。

日本代表は充実の陣容。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.