PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

知的障がい者柔道の全日本大会が初開催、力尽くした真剣勝負に大きな拍手・第1回全日本ID(知的障がい者)柔道選手権大会レポート

(2018年9月17日)

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。
知的障がい者柔道の全日本大会が初開催、力尽くした真剣勝負に大きな拍手
第1回全日本ID(知的障がい者)柔道選手権大会レポート
eJudo Photo
Fリーグ第6試合、大浦敬汰が長谷川大智から豪快な右内股「一本」

取材・文:林さとる

第1回全日本ID(知的障がい者)柔道選手権大会が17日、日本文化大學立志館(東京都八王子市)で開催され、北は宮城から南は広島、年齢も16歳から49歳までと非常に幅広い層の総勢35名(男子29名、女子6名)が日頃鍛えた柔道の技を競い合った。

今大会は、昨年ドイツで第1回世界知的障がい者柔道選手権大会が行われたことをきっかけに、今年から新たに設立された知的障がい者柔道振興部会が中心となり、全柔連の主導のもと企画されたもの。前日の16日には交流練習会も開かれ、その際に行われたクラス分けに基づく計9つのクラスでリーグ戦が行われた。クラス分けは柔道の技能や体格などを総合的に判断して行ったとのこと。開会式では現在世界選手権のためにアゼルバイジャン入りしている山下泰裕全日本柔道連盟会長からのビデオレターが流され、「本大会は柔道を通じて友だちを作り、お互いを理解し、尊重し合うことによって新たな柔道の輪を作る大会。皆さんがいきいきと輝かれますことを、心から期待します。」とのエールが送られた。

大会はゲストである柔道芸人あいすけ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)のユーモアを交えた司会進行のもと終始和やかな雰囲気で進められ、休憩時間に行われた日本文化大の学生よるダンス披露では、選手やあいすけ、会場係が飛び入り参加でともにダンスを踊る一幕も見られた。試合でも健常者に引けを取らない良く練られた技が頻出するハイレベルな戦いが繰り広げられ、技が決まる度に会場に詰めかけた300人近い観客から歓声や拍手が送られた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.