PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

世界ジュニア柔道選手権日本代表発表、斉藤立ら順当に選出

(2018年9月10日)

※ eJudoメルマガ版9月10日掲載記事より転載・編集しています。
世界ジュニア柔道選手権日本代表発表、斉藤立ら順当に選出
全日本柔道連盟は9日、全日本ジュニア柔道体重別選手権の大会終了後に開かれた強化委員会で世界ジュニア柔道選手権((10月17日~21日、バハマ・ナッソー)の日本代表選手16階級20名を選出。即日発表した。

全日本ジュニアの優勝者は全員が代表に選出。ほか、「2枠目」として男女それぞれ2人が選ばれた。

女子57kg級の舟久保遥香(三井住友海上)は世界ジュニア3度目の選出。2015年大会、2017年大会と既に2度優勝しているが、全日本ジュニア3位で代表権を得た昨年度に引き続いて2位入賞の今年も選出の栄を得、3度目の世界ジュニア制覇を目指す。

代表選手のリストは下記。

■ 男子
55kg級・半田颯(桐蔭横浜大1年)
60kg級・古賀玄暉(日本体育大2年)、小西誠志郎(国士舘大2年)
66kg級・相田勇司(國學院大1年)
73kg級・塚本綾(日本体育大1年)
81kg級・笠原大雅(天理大2年)
90kg級・増山香補(明治大2年)、村尾三四郎(桐蔭学園高3年)
100kg級・関根聖隆(筑波大1年)
100kg超級・斉藤立(国士舘高2年)

■ 女子
44kg級・外処茅優(富士学苑高3年)
48kg級・芳田真(比叡山高3年)
52kg級・武田亮子(龍谷大2年)
57kg級・富沢佳奈(東海大1年)、舟久保遥香(三井住友海上)
63kg級・浦明澄(創志学園高3年)
70kg級・新森涼(コマツ)、朝飛七海(桐蔭横浜大1年)
78kg級・和田梨乃子(三井住友海上)
78kg超級・児玉ひかる(敬愛クラブ)

※ eJudoメルマガ版9月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.