PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第61回

(2018年9月10日)

※ eJudoメルマガ版9月10日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第61回
最も大切なる一つの心得は、対手(あいて)と自分が共々に稽古をしているのであるから、何事も自分本位でしてはらならぬということである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:『柔道教本・上巻』  昭和6年9月 (『嘉納治五郎大系』3巻401頁)
 
講道館柔道を修行する上で重要な理念である「精力善用」。その成り立ちは、柔道の技の原理探求の成果と言われています。

ところが、対になっている「⾃他共栄」については、成⽴経緯が明確ではありません。また、道場における柔道との関係で、師範が「自他共栄」が具体的に語った史料もあまり見られないのが現状です。
 
そんな少ない例の1つが、中等学校1・2年生向けとして師範が記した『柔道教本・上巻』の中に見られます。「自他共栄と形・乱取の練習」という項目ですが、その中で出てくるのが、今回の「ひとこと」です。

形・乱取ともに、自分本位、つもり自分のことばかり考えて稽古していたらどうなるのでしょうか?

師範は、<あいても同様の態度に出て、ついにはケンカ腰にもなりかねない>としています。お互い自分のことばかり考えていたら当然のことでしょう。「ケンカ腰!闘志あふれて良い稽古になるのではないか」と思われる人もいるかもしれませんが、師範はそうは思っていなかったようです。  

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.