PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本が男女混合団体戦に優勝、大会に有終の美飾る・アジア大会2018柔道競技最終日

(2018年9月1日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本が男女混合団体戦に優勝、大会に有終の美飾る
アジア大会2018柔道競技・最終日
eJudo Photo
アジアの頂点を極めた日本チーム

4年に1度のスポーツの祭典・アジア大会(Asian games)の柔道競技はきょう1日に最終日を迎え、10ヶ国が参加した男女混合団体戦で日本が優勝を飾った。

体重別6人制で争われたこの競技、日本は準々決勝でいきなり最強のライバルと目される韓国と対戦。玉置桃(57kg級)、海老沼匡(73kg級)、新添左季(70kg級)、小林悠輔(90kg級)、山本沙羅(70㎏超級)、影浦心(90kg超級)という陣容で臨み、玉置桃がコン・ユジュンから「指導3」、新添がジョン・ヘジンから内股「一本」、影浦心がキム・スンミンから「指導3」とそれぞれ得点。3-3の内容差でこの山場を突破すると、準決勝は中国を第1試合から全勝の4-0(※チームの勝ちが確定した時点で試合終了)、決勝もカザフスタンを4-0で破って優勝を決めた。

上位入賞者と3位決定戦のスコア、決勝の対戦詳細は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.