PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

素根輝と佐藤瑠香がともに優勝、女子は計6階級制覇なる・アジア大会柔道競技2018第3日女子レポート

(2018年9月2日)

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
素根輝と佐藤瑠香がともに優勝、女子は計6階級制覇なる
アジア大会柔道競技2018第3日女子レポート(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo

文責:古田英毅/eJudo編集部

■78kg級・佐藤瑠香圧勝、ライバルなきトーナメントを全試合一本勝ちで駆け抜ける

(エントリー9名)

【入賞者】
1.SATO, Ruika (JPN)
2.PARK, Yujin (KOR)
3.OEDA, Ikumi (THA)
3.MA, Zhenzhao (CHN)
5.YULDASHEVA, Nodira (UZB)
5.RAIFOVA, Zarina (KAZ)
7.CHANTHAKOUMMANE, Khonema (LAO)
7.SHRESTHA, Punam (NEP)

佐藤瑠香が圧勝。準々決勝はチャンタコマン・コンマ(ラオス)を大外刈「一本」、準決勝はマー・ジェンジャオ(中国)から「指導3」の反則、決勝はパク・ユジン(韓国)を支釣込足「一本」で下した。

現在のアジアの78kg級のレベルは高くなく、日本代表レベルの選手であれば優勝は既定路線。佐藤は絶対に失敗することが出来ない立場だったわけだが、組み手で相手を徹底封殺、常に自分だけが攻めることが出来、相手は「直す」ことしか出来ない状況をまず作り、ここから一方的に技を継ぐという万全の形で3戦を駆け抜けた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.