PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

素根輝とワンヤンのホープ対決に注目、78kg級は佐藤瑠香が優勝候補の筆頭・アジア大会柔道競技2018第3日女子プレビュー

(2018年8月30日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
素根輝とワンヤンのホープ対決に注目、78kg級は佐藤瑠香が優勝候補の筆頭
アジア大会柔道競技2018・第3日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級日本代表の佐藤瑠香

■78kg級・有力選手は佐藤瑠香とパク・ユジンのみ、両者の対戦する決勝が唯一最大のみどころ

(エントリー9名)

参加者のうち世界レベルでの上位選手は第1シードの佐藤瑠香(コマツ)と第2シードのパク・ユジン(韓国)のみ。シード順のとおり両者が対戦するのは決勝だ。

この2人は2016年12月のグランドスラム東京決勝でも対戦しており、その際は佐藤が「指導1」の差で勝利している。パクのスタイルは一昔前に流行した圧殺による「指導奪取柔道」。同大会を最後に柔道競技のルールは「技」での決着を重視する方向に舵を切り続けており、当然ながらパクはこれ以降目立った成績を残していない。一方の佐藤は現在ワールドツアー2連勝と好調継続中、普通に考えれば佐藤の勝利自体はまず間違いないだろう。唯一敗れる可能性があるとすれば、佐藤がなんらかシナリオ上のミスを犯した場合のみ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.