PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ベイカーと飯田の敵は韓国勢、王子谷は癖ある長身担ぎ系と連戦・アジア大会柔道競技2018・第3日男子プレビュー

(2018年8月30日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
ベイカーと飯田の敵は韓国勢、王子谷は癖ある長身担ぎ系と連戦
アジア大会柔道競技2018・第3日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級の日本代表はリオ五輪の金メダリスト・ベイカー茉秋。

■90kg級・準決勝に最大の山場、ベイカー茉秋とガク・ドンハンが激突

(エントリー17名)

強豪がずらりエントリーした激戦階級。しかし、優勝争いはベイカー茉秋(日本中央競馬会)とガク・ドンハン(韓国)の世界王者経験者2人に絞られる。

組み合わせでは両者が対戦するのは準決勝、ここが事実上の決勝とみて間違いない。これまでの対戦成績はベイカーの2勝1敗。両者はともに持久戦タイプの選手、しぶとく粘り続けて根負けした相手を仕留める戦術が得手だ。ただしこの長所比べではどうやらベイカーに分があり、最後に対戦した2015年のグランドスラム東京ではGS延長戦で焦れたガクが安易に隅返に打って出たところをベイカーが横四方固「一本」にとらえて勝利している。今回も長期戦になることは確実、ベイカーとしては準々決勝でイスラム・ボズバエフ(カザフスタン)を出来るだけ早く仕留め、体力を温存してこの強敵との一番に備えたい。ガクは2016年頃から投げ技の威力を一段増しており、相手の技を単なる手数稼ぎと割り切って戦うのは危険。早く二本持ってしまい、あくまでベイカーのコントロール権が及ぶ範囲で勝負をしたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.