PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本勢が3階級制覇、玉置桃があざやか逆転「一本」・アジア大会柔道競技2018第2日女子即日レポート

(2018年8月30日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
日本勢が3階級制覇、玉置桃があざやか逆転「一本」
アジア大会柔道競技2018第2日女子即日レポート(57kg級、63kg級、70kg級)
eJudo Photo
2回戦、玉置桃がユリコ・ワラシハから大外刈「技有」

文責:古田英毅/eJudo編集部

■57kg級・玉置桃がアジアの頂点極める、決勝は鮮やか逆転「一本」

(エントリー17名)

【入賞者】
1.TAMAOKI, Momo (JPN)
2.KIM, Jin A (PRK)
3.DORJSUREN, Sumiya (MGL)
3.LIEN, Chen-Ling (TPE)
5.LU, Tongjuan (CHN)
5.NISHANBAYEVA, Sevara (KAZ)
7.LEUNG, Po Sum (HKG)
7.KIM, Jandi (KOR)


玉置桃がアジアの頂点を極めた。この日は2回戦でユリコ・ワラシハ(タイ)から合技「一本」、勝負どころと目された準々決勝はキム・ジャンディ(韓国)から腕挫十字固「一本」、準決勝はルー・トンジュアン(中国)から片手絞「一本」と抜群の出来、一本勝ちを連発して決勝に進出。

逆サイドの山では事件発生。絶対の優勝候補と目されていた現役世界王者ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)が、準々決勝で国際的にはほぼ無名のキム・ジンア(北朝鮮)にGS延長戦の末大内刈「一本」で敗戦。キムはそのまま決勝へと駆け上がり、玉置と相まみえることとなった。

キムの国際大会出場は3度のみで、1度目が2015年アジアジュニア選手権(準優勝・土井雅子に敗退)、2度目が2017年7月のグランプリ・フフホト(初戦で玉置に「指導1」対「指導2」で敗退)、3度目が同年8月のブダペスト世界選手権(初戦でヨアナ・ロギッチに敗退)。つまりは玉置のほうが格上であるが、今大会の北朝鮮チームの存在感は常の国際大会とはまったく違ったもの。全員が体強く仕上がり良く、このキムも初戦から体の力が余っているかのような動きの良さと、剣術の「猿叫」という言葉を思い起こすような独特の高い叫び声で、会場内で非常に目立っていた。油断のならない相手。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.