PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本勢が女子3階級すべてを制覇、男子は大野将平がアンチャンリンとの死闘制して金メダル獲得・アジア大会柔道競技2018第2日

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本勢が女子3階級すべてを制覇、男子は大野将平がアンチャンリンとの死闘制して金メダル獲得
アジア大会柔道競技2018第2日
eJudo Photo
表彰式に臨む大野将平

インドネシア・ジャカルタで行われているアジア大会(Asian games)柔道競技は30日、日程第2日の男女合わせて5階級の競技が行われた。日本勢は男子で73kg級の大野将平(旭化成)が優勝、女子は53kg級の玉置桃(三井住友海上)、63kg級の鍋倉那美(三井住友海上)、70kg級の新添左季(山梨学院大4年)と全階級で金メダルを獲得した、

リオデジャネイロ五輪金メダリストの大野は決勝まで全試合一本勝ちで勝ち上がると、今大会最強の敵と目されたアン・チャンリン(韓国)と対戦。GS延長戦を合わせて総試合時間11分9秒という大激戦を内股「技有」で制して優勝を飾った。

玉置は、ライバルのドルジスレン・スミヤ(モンゴル)に一本勝ちして勝ち上がって来たダークホースのキム・ジンア(北朝鮮)と決勝で対戦。内股で「技有」を先行されたが、2分49秒に「韓国背負い」で一本勝ち。逆転で優勝を決めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.