PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

鍋倉那美と新添左季はともに優勝候補筆頭、57kg級は世界王者ドルジスレンと玉置桃の一騎打ち・アジア大会柔道競技2018第2日女子プレビュー

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
鍋倉那美と新添左季はともに優勝候補筆頭、57kg級は世界王者ドルジスレンと玉置桃の一騎打ち
アジア大会柔道競技2018第2日女子プレビュー(57kg級、63kg級、70kg級)
eJudo Photo
日本代表・玉置桃はもっか好調

■57kg級・現役世界王者ドルジスレンがV候補筆頭、対抗馬は同選手に2連勝中の玉置桃

(エントリー16名)

ネームバリューでいえば、現役世界王者のドルジスレン・スミヤ(モンゴル)が絶対的な優勝候補。対抗馬はこの選手と相性の良い日本代表の玉置桃(三井住友海上)だ。玉置は昨年の6月グランプリ・フフホト、今年3月のグランドスラム・エカテリンブルクと現在ドルジスレンに2連勝中。それぞれが過去の対戦を踏まえてどのような方針、戦略でこの戦いに臨むのか、ここが勝敗を分けるポイントとなるだろう。組み合わせでは両者は決勝で対戦予定。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.