PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

角田夏実が全試合一本勝ちで日本勢初の金メダル、近藤亜美は宿敵ジョンにまたもや苦杯・アジア大会柔道競技2018第1日女子即日レポート

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
角田夏実が全試合一本勝ちで日本勢初の金メダル、近藤亜美は宿敵ジョンにまたもや苦杯
アジア大会柔道競技2018第1日女子即日レポート(48kg級、52kg級)
■48kg級・ジョンボキョンが優勝、勝負師近藤は一瞬の隙に泣く

(エントリー13名)

【入賞者】
1.JEONG, Bokyeong (KOR)
2.KONDO, Ami (JPN)
3.GALBADRAKH, Otgontsetseg (KAZ)
3.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
5.XIONG, Yao (CHN)
5.JON, Yu Sun (PRK)
7.GAO, Jun-Ying (TPE)
7.KELDIYOROVA, Diyora (UZB)

決勝に勝ち上がったのは近藤亜美(三井住友海上)とジョン・ボキョン(韓国)の優勝候補2名。

近藤は準々決勝から登場。ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)を横四方固「一本」であっという間に片付けると、準決勝ではリオデジャネイロ五輪3位のガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)と対戦。裏投を狙って背中を抱えてくる相手に怖じず、まずその釣り手をガッチリ落としておいての右払腰「技有」、さらに残り時間僅かのところで食いついてきたガルバトラフの裏投に引かず、抱きつかせたまま再度の右払腰「技有」奪取で快勝。順当に決勝に駒を進める。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.