PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

志々目徹と丸山城志郎ミッション果たせず、勝負どころで出遅れともに銀メダルに終わる・アジア大会柔道競技2018第1日男子即日レポート

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
志々目徹と丸山城志郎ミッション果たせず、勝負どころで出遅れともに銀メダルに終わる
アジア大会柔道競技2018第1日男子即日レポート(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、ディヨルベク・ウロズボエフが志々目徹から浮技「技有」

(エントリー17名)

【入賞者】
1.UROZBOEV, Diyorbek (UZB)
2.SHISHIME, Toru (JPN)
3.YANG, Yung Wei (TPE)
3.LEE, Harim (KOR)
5.AN, Jae Yong (PRK)
5.SHANG, Yi (CHN)
7.DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)
7.SMETOV, Yeldos (KAZ)

リオデジャネイロ五輪の銅メダリスト、ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)がアジア大会初優勝。準々決勝までの2試合をいずれも「一本」で勝ち抜くと、準決勝では前戦でダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)を背負投「一本」で下した新鋭イ・ハリム(韓国)に「技有」優勢で勝利。迎えた決勝は日本代表の志々目徹(了徳寺学園職)に組み際の技を出し入れしてペースを掴ませず、GS延長戦では得意の両足を使った浮技で「技有」奪取。これで優勝を決めた。

志々目は一発にこだわって展開を失う悪癖を解消せんと様々工夫を凝らして試合を展開。得意の内股にこだわり過ぎず、準決勝までには背負投の形に腕を吊り上げた左大外刈を多用するなどして展開を作っていたが、決勝は勝負を掛けて加速すべき延長戦で出遅れて後手を踏んだ。

志々目のコメント、準決勝と3位決定戦の結果、決勝および日本代表選手全試合の戦評は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.