PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

近藤亜美出場の48kg級は世界選手権なみの陣容、角田夏実の52kg級は「敵なし」・アジア大会柔道競技2018第1日女子プレビュー

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。
近藤亜美出場の48kg級は世界選手権なみの陣容、角田夏実の52kg級は「敵なし」
アジア大会柔道競技2018・第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級)
■48kg級・世界大会ベスト4クラスの豪華陣容、近藤亜美は面倒なジョンボキョンの逆サイドに配置

アジア勢が世界を牽引している48kg級、それを反映する形でこのアジア大会におけるシード選手4名は、そのまま世界大会のベスト4と言っても通用するであろう豪華なメンバーとなった。ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)と近藤亜美(三井住友海上)は、それぞれが2013年と2014年の世界選手権金メダリスト。ジョン・ボキョン(韓国)は2016年リオデジャネイロ五輪の銀メダリスト、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)は現在2年連続で世界大会の銅メダリストだ。

日本代表の近藤はこれまで相性の悪かったジョンと逆側の山を引く幸運、準決勝でガルバドラフと対戦予定。両者の組み手はケンカ四つ。これまでの対戦は攻撃型の両者の性格を反映し、毎度、近藤の払腰とガルバドラフの裏投による壮絶な打ち合いになっておる。近藤は東京五輪を目指すためには絶対に負けられない戦い。リスクの高い脇の差し合いではなく、間合いを取っての足技や得意の寝技で勝負をしたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.