PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

66kg級は丸山城志郎とアンバウルの2強決戦、60kg級は大会屈指の高難易度階級・アジア大会柔道競技2018第1日男子プレビュー

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。
66kg級は丸山城志郎とアンバウルの2強決戦、60kg級は大会屈指の高難易度階級
アジア大会柔道競技2018・第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
2014年仁川大会に続くアジア大会代表、またもやチャンスを貰った志々目徹

■60kg級・世界選手権のメダリスト4名が参加、高難度のトーナメントに志々目が挑む

(エントリー17名)

2015年アスタナ世界選手権金メダリストのイェルドス・スメトフ(カザフスタン)を筆頭に、現在2年連続世界3位のディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)、2013年リオデジャネイロ世界選手権2位のダシュダヴァー・アマーツブシン(モンゴル)と世界選手権表彰台クラス、それも頂点を狙えるレベルの強豪が3名エントリーした。優勝難度は男子7階級でもトップクラスだ。純戦力的にはスメトフがやや有利だが、誰が優勝してもおかしくない鍔迫り合いのメンバー。

日本が送り込むのは2015年アスタナ世界選手権3位の志々目徹(了徳寺学園職)。格ではこれらの選手に遅れを取ることはないが、柔道の相性的には上記の3名は戦いにくい相手と言わざるを得ない。志々目の柔道スタイルは技の切れ味による一発勝負、対して今回のライバルたちはいずれも密着や潜り込んでの技を得意とするパワー派。柔道の巧拙以前にフィジカル勝負で押し切られてしまう可能性もあり、この展開になると勝利の可能性は大きく下がってしまう。早く二本を持つことで奇襲を防ぎ、志々目の長所が生きる「柔道の技比べ」というフィールドで勝負したいところ。

組み合わせでは志々目は準決勝でスメトフと対戦予定。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.