PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

アジア大会柔道競技きょう開幕、日本代表は史上に誇る豪華陣容

(2018年8月29日)

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。
アジア大会柔道競技きょう開幕、日本代表は史上に誇る豪華陣容
eJudo Photo
大会前日の会場

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

4年に1度の祭典、2018年アジア大会(Asian games)の柔道競技がきょう29日からインドネシア・ジャカルタで行われる。

日本代表が「アジア大会」にどれだけの重心を掛けるかは競技団体ごとにかなり異なるが、柔道競技は1986年の正式競技採用以来、伝統的にかなりこれを重視してトップ選手を送り込み続けて来た。

ちょっと名前を挙げるだけでも斉藤仁(1986年ソウル大会金メダル)、井上康生(1998年バンコク大会、2002年釜山大会金メダル)、石井慧(2008年ドーハ大会金メダル)、谷亮子(1994年広島大会金メダル)、谷本歩実(2002年釜山大会金メダル)、塚田真希(2002釜山大会銅メダル)ら、歴代の五輪金メダリストは多くがこの大会の出身者。現在日本代表を率いる金野潤強化委員長(1994年広島アジア大会100kg超級金メダル)、井上康生男子監督、増地克之女子代表監督(1994年広島アジア大会無差別金メダル)の強化3トップも全員がアジア大会日本代表経験者だ。現在も世界選手権と並ぶ重点強化大会であることには変わりなし。昨年度から、2018年の強化プランを語るときに男女両監督とも世界選手権とともに必ず「アジア競技大会」を挙げていること、インタビュー映像のアーカイブなどを探して頂ければ良くわかるはずだ。

とはいえ、世界選手権との「被り」や開催時期などで代表選考のテンションは大会ごとに波がある。11月開催だった2010年広州大会などは代表16人のうち世界王者・五輪代表・全日本選手権(女子は皇后盃)覇者を合わせた数が実に14人、女子は7階級中6階級に2年後にロンドン五輪代表を務める選手が送り込まれるという「超一軍」であった。

そして今回の代表の陣容はと問われると、歴代のアジア大会代表に比しても「非常に豪華」と断言して差しつかえない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.