PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成中が4年ぶり4度目の優勝、52kg級の先鋒高橋安未がチーム牽引・第49回全国中学校柔道大会女子団体戦即日レポート

(2018年8月17日)

※ eJudoメルマガ版8月17日掲載記事より転載・編集しています。
大成中が4年ぶり4度目の優勝、52kg級の先鋒高橋安未がチーム牽引
第49回全国中学校柔道大会女子団体戦即日レポート
eJudo Photo
優勝の大成中

第49回全国中学校柔道大会はきょう17日、広島県立総合体育館(広島市)で開幕。初日に行われた女子団体戦では大成中学校(愛知)が優勝した。同校の優勝は3連覇を果たした第45回大会以来4年ぶり4度目、今年度はこれで3月の近代柔道杯全国中学生柔道大会に続く中学2冠達成。

この日は先鋒の高橋安未が5勝1分け5一本勝ちでチームを牽引、決勝も高橋の一本勝ちをテコに国士舘中学校(東京)を1-0で下した。3位には東松山北中学校(埼玉)と、中広中学校(広島)が入賞した。

戦評および入賞者、大成中・後藤邦仁監督と高橋選手のコメント、決勝トーナメント1回戦のスコアおよび準々決勝以降全試合の対戦詳細は下記。


文責:古田英毅
取材・撮影:eJudo編集部

■ 戦評
eJudo Photo
準々決勝、大成中の先鋒高橋安未が箕島中・椿原里梨から内股「技有」

【決勝まで】

決勝に進出したのは大成中(愛知)と国士舘中(東京)。ともに優勝候補に挙げられていた強豪2チーム、大方の予想通りの顔合わせとなった。

3月の近代柔道杯を制して今大会で「中学三冠」の2タイトル目獲得を狙う大成中のラインナップは先鋒から52kg級の高橋安未、63kg級の奥井花奈、70kg級の澤崎凛。この日はまず予選リーグで沖縄尚学中(沖縄)を3-0、勝央中(岡山)を3-0で下し、決勝トーナメント1回戦は凌風中(京都)を3-0、準々決勝では箕島中(和歌山)を1-0で破る。牽引役は52kg級の小兵ながらエースを張る先鋒高橋安未、ここまで4戦連続の一本勝ち。

準決勝の東松山北中(埼玉)戦ではその高橋が徹底警戒され、強引に投げを打ち続けるも63kg級の星野七虹に逃げ切られて引き分け。この日初めて先鋒戦の得点なしで次戦に襷が繋がれた試合であったが、ここは中堅奥井花奈が坂田未羽の左大腰を右体落に切り返して「技有」を得、貴重な1点確保。大将戦は澤崎凛が新井万央を手堅く引き分けで止め、1-0で決勝進出を決めた。

eJudo Photo
準決勝、国士舘中の中堅稲葉千皓が中広中・葛城玲央奈から払巻込「一本」

一方の国士舘中は先鋒が52kg級の矢田百香、中堅は70kg級の稲葉千皓、大将が体重89キロの菊池明菜。予選リーグは中村中(高知)を3-0、美濃加茂東中(岐阜)を3-0と全試合一本勝ちで突破すると、以降は稲葉と菊池の大型2枚が全試合で得点。丘中(長野)を2-1、守山中(滋賀)を2-0で破ってベスト4入りを果たす。

準決勝でも中広中(広島)を相手に先制を許すが、稲葉が葛城玲央奈から払巻込「一本」、菊池が本田万智から体落と横四方固の合技「一本」で勝利して逆転、スコア2-1で決勝進出を決めた。

eJudo Photo
決勝、大成は先鋒高橋安未が矢田百香から小外掛「一本」を奪って先制

eJudo Photo
中堅戦、奥井花奈が稲葉千皓を相手に小外刈を打って突進

eJudo Photo
大将戦、澤崎凜がケンカ四つの菊池明菜を組み手巧みに封殺

eJudo Photo
優勝の瞬間、歓喜に沸く大成中ベンチ

【決勝】

迎えた決勝、先鋒戦は大成の高橋安未、国士舘の矢田百香ともに右組みの相四つ。矢田は上背を生かし、釣り手で深く首裏を得ては先んじて作用足を突っ込んでの大右内刈を軸に据えて攻めるが、高橋は左の浮腰で迎え撃ち、伏せて逃れた矢田を横四方固に抑え込む。しかしこれは数秒で矢田が逃れ「待て」。以降も矢田は奥襟を叩いての右大内刈を先んじて入れ、高橋に力を発揮させぬ構え。高橋は矢田の技に対応しての浮腰、さらに肘抜きの左背負投で攻めるがなかなか投げの間合いを作らせてもらえない。矢田の粘りにあるいは引き分けもありうるかと思われ始めた1分43秒、しかし高橋が組み際にテンポを一段速めて左小外掛。着地の衝撃で自らの体が跳ね上がる勢いで飛び込んだこの一発見事決まって「一本」、先制点は大成の手に落ちる。

中堅戦は大成の奥井花奈が右、国士舘・稲葉千皓が左組みのケンカ四つ。ポイントゲッター同士の対戦だが、リードを背にした奥井は攻守の緩急をつけて決定的な場面を作らせないまま巧みに試合を進める。上背に勝る稲葉釣り手で上から背中を掴んでは得意の左足車に左払巻込と奥井の左膝を狙って時計回りの前技を狙うが、心得た奥井は体を開いて立ち位置に角度を作らせず、この技を無力化。機を見ては右小外刈で攻め返し、しぶとい寝技で時計の針を粛々進めてタイムアップ。値千金の引き分けを獲得する。

大成の1-0リード継続で迎えた大将戦は大成の澤崎凛が右、国士舘・菊池明菜が左組みのケンカ四つ。ここは大成にとっては防衛ポジション。体格に勝る菊池は両襟を掴んで前進、左小外刈に左内股で攻めるが澤崎は場外際に追い込まれながらも肘を畳んでの右体落を打ち込み、着々時計の針を進める。1分50秒には菊池が前技のフェイントから体を捨てての思い切った左小外掛に踏む込むが澤崎かわして「腰絞め」で絞めあげ、あくまで隙を見せず。残り30秒を過ぎると澤崎は一手目からはっきり菊池の組み手をいなし始め、危険な間合いに一切入れず。このまま時間となり、引き分けで試合終了。最終スコア1-0で大成の優勝が決まった。

大成の優勝は4年ぶり。これが全国中学校大会初采配となる後藤邦仁監督は「ホッとしている。高橋が流れを作ってくれたのが大きかったが、後ろも良く頑張ってくれた。全員の勝利」と選手を称え、「今年挑戦できるのはうちだけ」と、残るマルちゃん杯全日本少年大会での「三冠」獲得を誓っていた。

eJudo Photo
優勝の大成中

eJudo Photo
準優勝の国士舘中

eJudo Photo
第三位の東松山北中

eJudo Photo
第三位の中広中

【入賞者】
優 勝:大成中学校(愛知)
準優勝:国士舘中学校(東京)
第三位:東松山北中学校(埼玉)、中広中学校(広島)
第五位:箕島中学校(和歌山)、武雄中学校(佐賀)、守山中学校(滋賀)、宮崎大塚中学校(宮崎)
敢闘賞:凌風中学校(京都)、阿波中学校(徳島)、広陵中学校(奈良)、結城中学校(茨城)、丘中学校(長野)、市川第七中学校(千葉)、松山西中(愛媛)、五所川原一中(青森)

大成中・後藤邦仁監督のコメント
「ホッとしています。先鋒の高橋が流れを作ってくれたのが大きかったですが、後ろも良く頑張った。『全員がポイントを取って勝ってこい』と送り出したのですが、国士舘さんは本当に強かった。大将の澤崎が準決勝、決勝と体重差のある相手によく粘って、キャプテンとしての仕事を、その姿で果たしてくれました。私はまだまだ未熟ですが、新しく来てくれた岩瀬(輝衣子)コーチと、保護者の方々に本当に支えてもらいました。岩瀬コーチには今の代の子にしっかりとした柔道を教えて下さり、保護者の方々には私が迷ったときに親身にアドバイスを頂きました。(―三冠獲得が見えてきましたね?)今年挑戦する権利があるのはうちだけ。もちろん狙います。」

大成中・高橋安未選手のコメント
「準決勝で取れずに迷惑をかけたので、決勝は自分がチームのために絶対1点取ろう、勝って流れを作ろうと思っていました。後に繋げられて、良かった。立っても寝ても隙のない柔道をして、どんな相手でも勝てるようになりたい。(―かつての寝技のイメージから、大技一発を磨いているように思えますが?)大技が多いのは、大成が『一本』獲れる技の練習を重視しているからだと思います。本当にうれしいですが、団体戦はもう終わったのでしっかり切り替えて、個人戦でも一戦一戦しっかり戦って優勝します。」

【決勝トーナメント1回戦】

大成中学校(愛知) 3-0 凌風中学校(京都)
箕島中学校(和歌山) 2-0 阿波中学校(徳島)
東松山北中学校(埼玉) 2-1広陵中学校(奈良)
武雄中学校(佐賀) 3-0 結城中学校(茨城)
国士舘中学校(東京) 2-1 丘中学校(長野)
守山中学校(滋賀) 2-0 市川第七中学校(千葉)
中広中学校(広島) 2-0 松山西中学校(愛媛)
宮崎大塚中学校(宮崎) 2-1 五所川原一中学校(青森)

【準々決勝】

大成中学校(愛知) 1-0 箕島中学校(和歌山)
(先)髙橋安未○合技(1:26)△椿原里梨
(中)奥井花奈×引分×中本真奈美
(大)澤崎凜×引分×朝原寿天良

東松山北中学校(埼玉) 2-1 武雄中学校(佐賀)
(先)星野七虹○優勢[技有]△永松莉菜
(中)坂田未羽△合技(2:31)○鹿歩夏
(大)新井万央○優勢[技有]△橋口茉央

国士舘中学校(東京) 2-0 守山中学校(滋賀)
(先)矢田百香×引分×安枝風香
(中)稲葉千皓○払腰(1:16)△南平優華
(大)菊池明菜○優勢[技有]△川嶋海来

中広中学校(広島) 2-0 宮崎大塚中学校(宮崎)
(先)今岡そら○合技(1:48)△中武梨々花
(中)葛城玲央奈○合技(1:18)△中武叶愛
(大)本田万智×引分×矢野真鈴

【準決勝】

大成中学校(愛知) 1-0 東松山北中学校(埼玉)
(先)髙橋安未×引分×星野七虹
(中)奥井花奈○優勢[技有・体落]△坂田未羽
(大)澤崎凜×引分×新井万央

国士舘中学校(東京) 2-1 中広中学校(広島)
(先)矢田百香△優勢[技有・出足払]○今岡そら
(中)稲葉千皓○払巻込(1:13)△葛城玲央奈
(大)菊池明菜○合技(0:52)△本田万智

【決勝】

大成中学校(愛知) 1-0 国士舘中学校(東京)
(先)髙橋安未○小外掛(1:43)△矢田百香
(中)奥井花奈×引分×稲葉千皓
(大)澤崎凜×引分×菊池明菜

※ eJudoメルマガ版8月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.