PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]海老沼匡と小原拳哉はともに2位、立川新は3回戦敗退に終わる・グランプリブダペスト2018第2日男子

(2018年8月12日)

※ eJudoメルマガ版8月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]海老沼匡と小原拳哉はともに2位、立川新は3回戦敗退に終わる
グランプリブダペスト2018第2日男子(73kg級、81kg級)
ハンガリーの首都ブダペストにて10日から行われている、グランプリ・ブダペスト大会。2日目の男子は2階級の競技が行われ、73kg級でミクロス・ウングヴァリ(ハンガリー)、81kg級でアラン・フベトソフ(ロシア)がそれぞれ優勝を飾った。

日本代表は73kg級の海老沼匡(パーク24)と81kg級の小原拳哉(パーク24)がともに2位。73kg級の立川新(東海大3年)は3回戦で敗れ、決勝ラウンドに残ることができなかった。

各階級の入賞者、日本代表選手全試合の記録は下記。

■ 73kg級
(エントリー58名)

【入賞者】
1.UNGVARI, Miklos (HUN)
2.EBINUMA, Masashi (JPN)
3.MARGELIDON, Arthur (CAN)
3.SZABO, Frigyes (HUN)
5.ESPOSITO, Giovanni (ITA)
5.GANBAATAR, Odbayar (MGL)
7.BOUCHARD, Antoine (CAN)
7.RAICU, Alexandru (ROU)

【日本代表選手勝ち上がり】

海老沼匡(パーク24)
成績:2位


[1回戦]
海老沼匡○合技[小内巻込・隅落](3:59)△フリドン・ギガニ(ジョージア)

[2回戦]
海老沼匡○合技[内股・隅落](1:41)△マルティン・ヴェグヴァリ(ハンガリー)

[3回戦]
海老沼匡○反則[指導3](2:25)△ドミトロ・カニヴェツ(ウクライナ)

[準々決勝]
海老沼匡○一本背負投(1:48)△アントワーヌ・ブシャー(カナダ)

[準決勝]
海老沼匡○袖釣込腰(3:49)△ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)

[決勝]
海老沼匡△隅落(3:17)○ミクロス・ウングヴァリ(ハンガリー)

立川新(東海大3年)
成績:3回戦敗退


[1回戦]
立川新○合技[小外刈・小外刈](3:17)△ジェフリー・ルイス(プエルトリコ)

[2回戦]
立川新○大内刈(1:34)△オレクサンドル・コシュリアク(ウクライナ)

[3回戦]
立川新△足車(1:40)○アルチュール・マルジェリドン(カナダ)

■ 81kg級
(エントリー60名)

【入賞者】
1.KHUBETSOV, Alan (RUS)
2.KOHARA, Kenya (JPN)
3.MUKI, Sagi (ISR)
3.PACEK, Robin (SWE)
5.CHOUCHI, Sami (BEL)
5.DE WIT, Frank (NED)
7.WIECZERZAK, Alexander (GER)
7.RESSEL, Dominic (GER)

【日本代表選手勝ち上がり】

小原拳哉(パーク24)
成績:2位


[1回戦]
小原拳哉○体落(0:38)△ヤロミール・ムシル(チェコ)

[2回戦]
小原拳哉○片手絞(2:19)△クリスティアン・パルラチ(イタリア)

[3回戦]
小原拳哉○優勢[技有・隅落]△ジョアオ・マセド(ブラジル)

[準々決勝]
小原拳哉○不戦△アレクサンダー・ヴィーチェルツァク(ドイツ)

[準決勝]
小原拳哉○GS大内刈(GS3:49)△フランク・デヴィト(オランダ)

[決勝]
小原拳哉△GS袖釣込腰(GS2:27)○アラン・フベトソフ(ロシア)

※ eJudoメルマガ版8月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.