PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]古賀若菜が2連覇達成、57kg級は岡田恵里佳が金知秀破って戴冠・第67回インターハイ柔道競技女子個人戦第1日

(2018年8月11日)

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]古賀若菜が2連覇達成、57kg級は岡田恵里佳が金知秀破って戴冠
第67回インターハイ柔道競技女子個人戦第1日
eJudo Photo
48kg級準々決勝。南筑高の古賀若菜が創志学園高・山口弘衣から開始26秒、大内刈「一本」。

「サオリーナ」(三重県津市)で行われているインターハイ柔道競技、日程第4日のきょう11日は女子団体試合に引き続いて、女子個人試合が開幕。48kg級、52kg級、57kg級の軽量3階級で熱戦が繰り広げられた。

48kg級は昨年度1年生でこの大会を制した古賀若菜(南筑高)が堂々の2連覇達成。この日は得意の足技が冴え、準決勝まではすべて、それも早い時間での一本勝ち。決勝はここまで3回戦で渋谷舞(東海大静岡翔洋高)、準決勝で激戦ブロックの覇者渡邉愛子(横須賀学院高)を破って来たダークホース・白石響(熊本西高)と対戦、ケンカ四つの相手に大内刈を中心に先手を取り続けて2つの「指導」を得、勝利を決めた。試合後は「準決勝までは得意の足技で『一本』を取り続けたのでうれしい」と笑顔。連覇の重圧について問われると「中学3年のときにインターハイ3連覇という目標を立てた、まだその過程なので、プレッシャーは十分クリアできると思っていた」とコメント、意識の高さを垣間見せていた。

eJudo Photo
52kg級決勝、敬愛高の藤本彩月が東北高・對馬みなみから大外落で2つ目の「技有」

52kg級は藤本彩月(敬愛高)が混戦を縫って初優勝。準決勝の北岡央(夙川学院高)戦を豪快な背負投「一本」で突破して波に乗ると、決勝では前戦で高校選手権の覇者大森生純(帝京高)を破った同大会準優勝者・對馬みなみ(東北高)と対戦。小内刈「技有」を先行されたが粘り強く戦ってペースを掴むと残り1分30秒を過ぎたところで左大腰「技有」奪回。そのまま長い拮抗が続いた苦しい試合に、GS延長戦45秒右大外落「技有」で終止符。合技「一本」で見事初の全国タイトルを手にした。試合後は「午前中の団体戦で後輩たちが頑張り、決勝まで進んでくれた。自分もがんばってこの旗を持って帰ろうと、ひときわ気合いが入った」と「どうしても欲しかった」という優勝旗を両手でしっかり握り締め、笑顔で激戦を振り返っていた。

eJudo Photo
57kg級決勝、立命館宇治高の岡田恵里佳が名張高・堂﨑月華から袖釣込腰「技有」

57kg級の覇者は今年度の全日本カデ王者・岡田恵里佳(立命館宇治高)。準々決勝で渕田萌生(津幡高)との総試合時間9分を越える大消耗戦を戦い抜いて疲労困憊、「先手で攻めて勝負を決めるしかない」と覚悟を決めると、準決勝では大本命・金知秀(夙川学院高)の一瞬の隙をつき一本背負投崩れの大外落で「技有」を奪って勝利。決勝は堂﨑月華(名張高)を相手に左袖釣込腰「技有」から横四方固に抑え込み、僅か50秒で優勝を決めた。

試合後は「理想は、投げて、抑えて両方出来ること。今日は序盤に投げっぱなしで決めが甘かったり、抑えにいかないまま『一本』の判定を待ったりしていた。これが苦戦の原因と思います」と冷静に自らの戦いを分析。次の目標を問われても「しっかり1つ1つの試合を、自分のやりたいことをやって勝つこと」と、貪欲なファイトスタイルに似合わぬ冷静なところを見せていた。

入賞者と準決勝以降の試合結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級で連覇達成の古賀若菜

【入賞者】

優 勝:古賀若菜(南筑高)
準優勝:白石響(熊本西高)
第三位:渡邉愛子(横須賀学院高)、荒川朋花(牛久高)
第五位:芳田真(比叡山高)、外処茅優(富士学苑高)、山口弘衣(創志学園高)、髙森来春(星翔高)

【準決勝】

白石響〇内股透(2:57)△渡邉愛子
古賀若菜〇合技(0:22)△荒川朋花

【決勝】

古賀若菜〇優勢[僅差]△白石響

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級優勝の藤本彩月

【入賞者】

優 勝:藤本彩月(敬愛高)
準優勝:對馬みなみ(東北高)
第三位:大森生純(帝京高)、北岡央(夙川学院高)
第五位:小林桃果(金沢学院高)、古里幸永羽(長崎明誠高)、櫻庭愛花(東大阪大敬愛高)、藤田真由(国分中央高)

【準決勝】

對馬みなみ〇優勢[技有・裏投]△大森生純
藤本彩月〇袖釣込腰(1:54)△北岡央(夙川学院高)

【決勝】

藤本彩月〇GS合技[大腰・大外落](GS2:15)△對馬みなみ

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級優勝の岡田恵里佳

【入賞者】

優 勝:岡田恵里佳(立命館宇治高)
準優勝:堂﨑月華(名張高)
第三位:新井風花(八千代高)、金知秀(夙川学院高)
第五位:塚本円香(東大阪大敬愛高)、西尾果連(敬愛高)、石嶋青空(國學院大栃木高)、渕田萌生(津幡高)

【準決勝】

堂﨑月華〇GS小外掛(GS1:04)△新井風花
岡田恵里佳〇優勢[技有・大外落]△金知秀

【決勝】

岡田恵里佳〇合技[袖釣込腰・横四方固](0:50)△堂﨑月華

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.