PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]世界選手権控える阿部詩が驚きの出場、夙川学院が24年ぶりの優勝果たす・第67回インターハイ柔道競技女子団体試合

(2018年8月11日)

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]世界選手権控える阿部詩が驚きの出場、夙川学院が24年ぶりの優勝果たす
第67回インターハイ柔道競技女子団体試合
eJudo Photo
準々決勝、阿部が北海高の先鋒・佐々木南から袖釣込腰「一本」

インターハイ柔道競技は11日、「サオリーナ」(三重県津市)で競技日程第4日を迎え、3回戦から決勝までが行われた女子団体試合では夙川学院高(兵庫)が優勝した。同校のインターハイ制覇は1994年の第43回大会以来、24年ぶり4回目。

3回戦から行われたこの日の試合、開始のコールを待つ畳際には試合用の白紐を装備したエース・阿部詩の姿。9月に世界選手権を控えて団体、個人とも予選から出場しておらず7月の金鷲旗大会も欠場、今大会も当然出場は見送るものと思われていたが、度重なる直訴が実って急遽出場を許されたとのこと。

先鋒を昨日全勝の金知秀から阿部にと、韓国と日本の世界選手権代表で襷を繋いだ夙川学院高は勢いを得、中堅長谷川瑞紀と大将吉峰芙母絵も存分に力を発揮。3回戦で新田高(愛媛)を2-0、準々決勝で北海高(北海道)を3-0で下し、山場となった準決勝の桐蔭学園高(神奈川)戦を1-1の内容差で勝ち抜けると、決勝は敬愛高(福岡)を3-0の大差で破った。

阿部は初戦で70kg級の立川真奈(新田高)に隅返と横四方固の合技「一本」、ついで同じく70kg級の佐々木南(北海高)から袖釣込腰「一本」で勝利。準決勝の野沢知莉戦は大外刈「技有」先行も相手の背中を抱えたところに内股を合わされて「技有」を失い引き分け、決勝はこれも70kg級の多田純菜(敬愛高)の内股を隅落に切り返し「技有」を奪って優勢勝ち。トータル3勝1分けで優勝に大きく貢献した。

阿部は「夙川学院の柔道衣を着て戦う最後の試合、どうしても出たい」と出場直訴を続けたが、松本純一郎監督は3月の高校選手権と同様頑なにこれを許さなかったとのこと。しかしあまりの熱意に「この試合に出て、世界選手権でも優勝する覚悟があるならもう何も言わない」と折れたのが4日前、世界選手権壮行式の朝というまさしくギリギリの決断。試合後の阿部は「まわりにも心配を掛けたし、自分が覚悟を持って言ったことなので絶対に勝つつもりだった」と笑顔を見せ、高校生最後の夏の日本一達成をチームメートとともに喜んでいた。

賞者と3回戦の結果、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
決勝、夙川学院高の中堅長谷川瑞紀が敬愛高・丸山みかのから払腰で2つ目の「技有」。夙川学院はこれで24年ぶりの優勝決定。

eJudo Photo
優勝の夙川学院高

【入賞者】

優 勝:夙川学院高(兵庫)
準優勝:敬愛高(福岡)
第三位:桐蔭学園高(神奈川)、藤枝順心高(静岡)
第五位:埼玉栄高(埼玉)、北海高(北海道)、富士学苑高(山梨)、熊本西高(熊本)

【3回戦】

埼玉栄高(埼玉) 1-0 名張高(三重)
桐蔭学園高(神奈川) 2-1 創志学園高(岡山)
北海高(北海道) 2-1 鹿児島南高(鹿児島)
夙川学院高(兵庫) 2-0 新田高(愛媛)
富士学苑高(山梨) 2-0 佐賀工高(佐賀)
藤枝順心高(静岡) ①-1 帝京高(東京)
熊本西高(熊本) 2-0 京都文教高(京都)
敬愛高(福岡) 2-0 広陵高(広島)


【準々決勝】

桐蔭学園高(神奈川) 2-0 埼玉栄高(埼玉)
(先)野沢知莉〇送襟絞(2:03)△溝口愛歌
(中)朝飛真実〇合技(1:11)△佐藤星麗七
(大)渡邊明日香×引分×渋谷萌々音

夙川学院高(兵庫) 3-0 北海高(北海道)
(先)阿部詩〇袖釣込腰(1:01)△佐々木南
(中)長谷川瑞紀〇合技(0:58)△薮内美咲
(大)吉峰芙母絵〇反則[指導3](3:11)△川原凛

藤枝順心高(静岡)〇0代-0△富士学苑高(山梨)
(先)袴田佳名瑚×引分×黒田亜紀
(中)米川明穂×引分×平野友萌
(大)山本杏×引分×瀬戸亜香音
(代)米川明穂〇合技(4:10)△黒田亜紀

敬愛高(福岡) 2-1 熊本西高(熊本)
(先)多田純菜〇合技(0:38)△田中里沙
(中)大本真琴△横四方固(2:29)〇平川真有
(大)松澤佑栞〇払巻込(2:22)△渡邉花胤

【準決勝】
夙川学院高(兵庫) ①-1 桐蔭学園高(神奈川)
(先)阿部詩×引分×野沢知莉
(中)長谷川瑞紀△優勢[技有・谷落]〇朝飛真実
(大)吉峰芙母絵〇合技[払巻込・後袈裟固](1:07)△渡邉明日香

敬愛高(福岡) ①代-1 藤枝順心高
(先)多田純菜×引分×袴田佳名瑚
(中)丸山みかの△合技[大外刈・横四方固](3:01)〇米川明穂
(大)松澤佑栞〇反則[指導3](2:53)△山本杏

【決勝】
夙川学院高(兵庫) 3-0 敬愛高
(先)阿部詩〇優勢[技有・隅落]△多田純菜
(中)長谷川瑞紀〇合技[大内刈・払腰](1:40)△丸山みかの
(大)吉峰芙母絵〇優勢[技有・内巻込]△松澤佑栞

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.