PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

出口クリスタ国際大会6連勝なるか、角田夏実はプールファイナルに山場あり・グランプリブダペスト2018第1日女子プレビュー

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
出口クリスタ国際大会6連勝なるか、角田夏実はプールファイナルに山場あり
グランプリブダペスト2018第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
五輪王者パレトが参戦

■48kg級・日本勢2人はともに好配置、決勝での直接対決に期待

(エントリー34名)

トップ選手の出場は僅かながら、強豪自体の数が多いこともありトーナメントのレベルは高め。ヨーロッパの強豪を中心とした陣容となった。日本勢2人はともに戦いやすいプールに入っており、アクシデントがなければベスト4進出はまず間違いない。準決勝の相手は遠藤宏美(ALSOK)がパウラ・パレト(アルゼンチン)、山﨑珠美(自衛隊体育学校)がエヴァ・チェルノヴィツキ(ハンガリー)となる可能性が高いだろう。

パレトはリオデジャネイロ五輪金メダルのスーパートップ選手だが、照準を当てていない試合でのパフォーマンスはそこまで高くない。遠藤は昨年のグランプリ・ザグレブ、今年3月のグランドスラム・エカテリンブルクとこの選手に2連勝中であり、それによって評価を上げている部分もある。今回も確実に勝っておきたい。一方山﨑との対戦が濃厚なチェルノヴィツキはベテランのパワーファイター。山﨑の密着小外掛スタイルとはお互いに柔道が噛み合うと思われ、不用意な形での失点に気をつけたいところ。ともに勝ち上がって決勝を戦う展開に期待したい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.