PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本勢2人がともに優勝候補、永山竜樹は過去2敗のガンバットと対戦の可能性あり・グランプリブダペスト2018第1日男子プレビュー

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
日本勢2人がともに優勝候補、永山竜樹は過去2敗のガンバットと対戦の可能性あり
グランプリブダペスト2018第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
優勝候補筆頭は永山竜樹

文責:林さとる/eJudo編集部

■60kg級・優勝候補は永山竜樹、宿敵ガンバットとの対戦が山場

(エントリー36名)

階級の上位と中堅が交わる汽水域に生息する選手が多く参加。日本代表の永山竜樹(東海大4年)は第1シードとして強豪不在、もっとも戦いやすいプールAに配された。プール内に同居するシード選手アドニス・ディアス(アメリカ)は先日のグランプリ・ザグレブ大会で髙藤直寿(パーク24)が大内刈「一本」で一蹴した相手。永山も豪快な「一本」で屠ってしまいたい。プールCには過去2敗と永山にとっての鬼門であるガンバット・ボルドバータル(モンゴル)の名前があり、もし対戦が実現するとすれば決勝。バクー世界選手権に向けて不安材料を消しておくためにも、ここは絶対に勝っておきたい。東京五輪代表を狙うのであれば、同一選手相手の3連敗は許されないはず。

【プールA】
第1シード:永山竜樹(東海大4年)
第8シード:アドニス・ディアス(アメリカ)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.