PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

階級ごとのレベル差鮮明、最重量級は髙橋瑠璃が春夏連勝に挑む・第67回インターハイ柔道競技女子7階級ひとこと展望

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
階級ごとのレベル差鮮明、最重量級は髙橋瑠璃が春夏連勝に挑む
第67回インターハイ柔道競技女子7階級ひとこと展望
文責:林さとる/eJudo編集部

■ 48kg級・Aブロックに「死の山」出現、優勝候補の古賀若菜は好配置引く
eJudo Photo
連覇を狙う古賀若菜(南筑高)

強豪多数の激戦階級。下位カテゴリの44kg級もその範囲に含むため、肩書を持つ選手の数は非常に多い。優勝候補の第一は昨年の優勝者である古賀若菜(南筑高)。最軽量級らしい動きの素早さと技の切れに加え、階級内では屈指のパワーも兼ね備えている。今大会は有力選手がABブロックに偏るなか逆サイド(Cブロック)に配置されており、組み合わせにも恵まれた。3回戦で対戦する上倉舞知(金沢学院)に勝利すれば、大過なく決勝まで勝ち上がれるはずだ。

対抗馬は、古賀が不在であった3月の高校選手権を制した芳田真(比叡山高)を始め、今年の全日本カデ選手権王者の中馬梨歩(国分中央高)、渡邉愛子(横須賀学院高)、村川実葉瑠(夙川学院高)ら。この4名は全員がAブロックに押し込まれており、渡邉と村川が2回戦、芳田と中馬が3回戦、そして、その勝者同士が準々決勝でベスト4進出を賭けて争うことになる。全員に優勝を狙う力があると見られ、ここが女子個人試合全体を通じたもっとも厳しい「死の山」。

すぐ下のBブロックからは、渋谷舞(東海大静岡翔洋高)の勝ち上がりを予想する。この山には久保井仁菜(京都文教高)、外処芽優(富士学苑高)ら44kg級の実力者が配されているが、実力的に遅れをとることはないはず。渋谷と久保井は1回戦での対戦が組まれており、ここがこのブロック最初で最大の山場。

■ 52kg級・優勝候補は大森生純、反対の山からは藤城心の勝ち上がりが濃厚
eJudo Photo
高校選手権の覇者大森生純(帝京高)

高校選手権王者の大森生純(帝京高)が優勝候補。柔道スタイルは練れた組み手と足技で相手を追い詰め、寝技で仕留めるという堅実なものだが、ここぞという勝負どころでは密着しての腰技を見せるなど思い切りのよさもある。得意の形は「横三角」からの崩上四方固。今大会ではBブロックに配され、準々決勝の河端風(大成高)戦が最初の山場。続く準決勝では高校選手権で決勝を争った對馬みなみ(東北高)との対戦が予想される。

一方、反対側のCDブロックの勝ち上がり候補一番手は、今年の全日本カデ王者の藤城心(富士学苑高)。この選手の柔道は圧殺をベースに足技で蹴り崩して寝技で仕留めるという非常に富士学苑の選手らしいもの。また、組み手の左右を問わずに奥を叩く難剣使いでもある。初戦となる2回戦に北岡央(夙川学院高)との対戦が組まれているが、ここを抜ければ後は問題なく決勝まで勝ち上がるはずだ。大森とは関東高校柔道大会の決勝で対戦して敗れており、この大舞台でリベンジを目指す。

■ 57kg級・高校選手権王者の金知秀が実力的に大きくリード、五十嵐日菜との3回戦が最大の山場
eJudo Photo
韓国代表で世界選手権にも出場する金知秀(夙川学院高)

高校選手権王者、バクー世界選手権韓国代表の金知秀(夙川学院高)が頭一つ抜けた存在。組み手や駆け引きの上手さはシニアレベル、得意技も肩車に隅返、「韓国背負い」とリスクが少なく、かつ試合の展開を作りやすい戦術的なものが揃っている。攻守に隙がなく、この選手が勝負に徹してきた場合にそれを崩せる選手は高校カテゴリにはいないだろう。

同選手はCブロックに配されており、勝ち上がり上の山場は3回戦。昨年の全国中学校柔道大会王者の五十嵐日菜(国士舘高)の挑戦を受ける。五十嵐は投げ一発の威力で勝負する本格派であり、金のような戦術タイプに勝利するには実力で大きく上回っていることが必要条件。現状の力量差ではまだ厳しいと思われるが、成長著しい五十嵐がどこまで食い下がるか、非常に楽しみなカード。

ABブロックからは高校選手権の決勝を金と争った古賀ひより(創志学園高)を予想する。準々決勝で西尾果連(敬愛高)、準決勝で中矢遙香(新田高)と骨太な相手との対戦が予想されるが、勝ち上がり自体は揺るがないだあろう。Dブロックからは全日本カデ王者の岡田恵里佳(立命館宇治高)の勝ち上がりが濃厚。

■ 63kg級・浦明澄が絶対の優勝候補、結城彩乃は負傷で欠場の可能性大
eJudo Photo
高校選手権に続く連勝を狙う浦明澄(創志学園高)

浦明澄(創志学園高)と結城彩乃(富士学苑高)による優勝争いが唯一最大の注目ポイントであったが、2週間前の金鷲旗において結城が肩を負傷。その激しい痛がり方を見る限り出場は厳しいと予想され、浦の春夏連覇がほぼ確実な情勢だ。溝口愛歌(埼玉栄高)、勝部桃(京都学園高)、立川桃(新田高)、畑田暁菜(夙川学院高)ら有力選手の名前を挙げることはできるが、浦に伍するだけの選手は見当たらない。

上記の有力選手はAブロックからCブロックに散らされたが、Cブロックに溝口、勝部、立川、畑田が配されてここが最激戦区。空白区となったDブロックでは、山田ひまわり(横須賀学院)の名前を挙げておきたい。出来不出来の波の激しい選手だが神奈川県予選決勝では高校選手権で代表を務めた渡邊明日香(桐蔭学園高)を豪快な「一本」に切り捨てるなど実力の最大値は高い。

■ 70kg級・朝飛真実が優勝候補、各ブロックに有力選手がバランス良く配置される
eJudo Photo
全日本カデの覇者・朝飛真実(桐蔭学園高)が優勝候補の筆頭

78kg超級と並んで各校のエース格が多数顔を揃える激戦階級。組み合わせが偏りがちなインターハイにしては珍しく、有力選手が各ブロックにバランス良く配置された。

優勝候補には今年の全日本カデ王者の朝飛真実(桐蔭学園高)の名前を挙げたい。同選手は威力抜群の内股を中心に切れのある足技も有しており、組み手も巧み。やや受けに甘さが見られるものの、絶対的な優勝候補がいない今大会において、確率としてもっとも優勝に近い選手と言うことができるだろう。山場は多田純菜(敬愛高)と対戦するAブロック準々決勝。

ほか、Bブロックからは金鷲旗で豪快な投技連発の大活躍を見せた全日本カデ2位の桑形萌花(夙川学院高)、Cブロックからは昨年の準優勝者で今年は皇后盃にも出場した田嶋由佳(東海大札幌高)、Dブロックからは佐藤星麗七(埼玉栄高)の勝ち上がりをそれぞれ予想する。ただし、田嶋の山であるCブロックには関東高校柔道大会で3位を獲得した瀬戸亜香音(富士学苑高)と衣笠裕美子(東大阪大敬愛高)が配されており、上記の中で結果が揺れるとすればここ。田嶋と衣笠が対戦する2回戦が序盤戦の山場だ。

■ 78kg級・本命なき大混戦、好調の長谷川瑞紀がタイトル獲得を目指す
eJudo Photo
混戦の78kg級、優勝候補は長谷川瑞紀(夙川学院)

この階級は本命なき大混戦。エース級が揃う70kg級と78kg超級に挟まれる形で、各校の2番手、3番手の選手が中心のトーナメントが組まれた。具体的な優勝候補の名前を挙げることは難しいが、敢えて一人選ぶとすれば長谷川瑞紀(夙川学院)。同選手は今年に入ってから一気に実力を伸ばしており、先週の金鷲旗では皇后盃王者の素根輝(南筑高)をあと一歩まで追い詰めた。持ち味は圧を掛けてガツガツと前に出る馬力と、それと同居する意外な組み手の上手さ。組み合わせ的にも恵まれており、Cブロック3回戦で当たる黒田亜紀(富士学苑高)意外に決勝までこれといったライバルはいない。

一方、逆サイドのAブロック下側の山には、上位候補である丸山みかの(敬愛高)、松本りづ(大成高)、熊木悠花(帝京高)の3人が隙間なく詰め込まれた激戦区が出現。松本と熊木が2回戦で当たり、その勝者が3回戦で丸山と対戦する。上側の山の陣容を見る限り、ここの勝者がそのままベスト4まで勝ち上がる可能性が濃厚だ。すぐ下のBブロックからは野澤知莉(桐蔭学園高)の勝ち上がりを予想する。

■ 78kg超級・優勝候補の髙橋瑠璃は過酷な配置、吉峰芙母絵と米川明穂が背中を追う
eJudo Photo
春夏連勝を狙う高橋瑠璃(帝京高)がV候補筆頭

優勝候補は高校選手権無差別王者の髙橋瑠璃(帝京高)。柔道自体は内股や払腰を中心としたオーソドックスな重量級スタイルだが、地力で頭一つ抜けており、寝技も良く鍛えられている。今年は引き分けを狙う相手に思わぬ苦戦を強いられる場面が散見されるが、今回は必ず勝敗を決する個人戦。初戦(2回戦)で佐藤陽子(大成高)、準々決勝で八巻衣音(広陵高)とマッチアップする過酷な配置だが、ベスト4入りはまず間違いない。

この髙橋の牙城を崩さんと狙うのが、吉峰芙母絵(夙川学院高)と米川明穂(藤枝順心高)の2人。吉峰は団体戦も含め髙橋とは何度も対戦している同学年のライバル。柔道自体の強さは髙橋の方が数段上手だが、退かない気持ちの強さとスタミナがあり、長時間の耐久戦になった場合には勝敗が揺れる可能性がある。髙橋と当たるのは準決勝、吉峰の置かれたDブロックにはほかに有力選手はいないため、できるだけ体力を温存して髙橋を迎え撃ちたい。

一方の米川は今年の高校選手権2位、全日本カデ優勝の2年生代のホープ。こちらは髙橋、吉峰とは逆サイドのBブロックに配された。吉峰と同様ブロック内にはほかに有力選手はおらず、準決勝の外間蘭(沖縄尚学高)戦が唯一の山場だ。

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.