PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

階級ごとのレベル差鮮明、最重量級は髙橋瑠璃が春夏連勝に挑む・第67回インターハイ柔道競技女子7階級ひとこと展望

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
階級ごとのレベル差鮮明、最重量級は髙橋瑠璃が春夏連勝に挑む
第67回インターハイ柔道競技女子7階級ひとこと展望
eJudo Photo

文責:林さとる/eJudo編集部

■48kg級・Aブロックに「死の山」出現、優勝候補の古賀若菜は好配置引く

強豪多数の激戦階級。下位カテゴリの44kg級もその範囲に含むため、肩書を持つ選手の数は非常に多い。優勝候補の第一は昨年の優勝者である古賀若菜(南筑高)。最軽量級らしい動きの素早さと技の切れに加え、階級内では屈指のパワーも兼ね備えている。今大会は有力選手がABブロックに偏るなか逆サイド(Cブロック)に配置されており、組み合わせにも恵まれた。3回戦で対戦する上倉舞知(金沢学院)に勝利すれば、大過なく決勝まで勝ち上がれるはずだ。

対抗馬は、古賀が不在であった3月の高校選手権を制した芳田真(比叡山高)を始め、今年の全日本カデ選手権王者の中馬梨歩(国分中央高)、渡邉愛子(横須賀学院高)、村川実葉瑠(夙川学院高)ら。この4名は全員がAブロックに押し込まれており、渡邉と村川が2回戦、芳田と中馬が3回戦、そして、その勝者同士が準々決勝でベスト4進出を賭けて争うことになる。全員に優勝を狙う力があると見られ、ここが女子個人試合全体を通じたもっとも厳しい「死の山」。

すぐ下のBブロックからは、渋谷舞(東海大静岡翔洋高)の勝ち上がりを予想する。この山には久保井仁菜(京都文教高)、外処芽優(富士学苑高)ら44kg級の実力者が配されているが、実力的に遅れをとることはないはず。渋谷と久保井は1回戦での対戦が組まれており、ここがこのブロック最初で最大の山場。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.