PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

トーナメントの軸は夙川学院高、春の武道館に続く「二冠」獲得を狙う・第67回インターハイ柔道競技女子団体試合展望

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
トーナメントの軸は夙川学院高、春の武道館に続く「二冠」獲得を狙う
第67回インターハイ柔道競技女子団体試合展望
eJudo Photo
7月の金鷲旗大会を戦った際の夙川学院高。インターハイにはこの中から、吉峰芙母絵、長谷川瑞紀、新名寧々、金知秀が登録されている。

文責:林さとる/eJudo編集部

■有力校

高校「三冠」の各大会でレギュレーションが異なる女子団体。その最後を飾るインターハイ柔道競技は体重無差別の3人制点取り、配列固定で争われる。この大会でもっとも必要とされるのは戦力層の厚さ。本来であれば確実に1勝が見込める「絶対的エースの保有」が3人制最大のアドバンテージのはずだが、これまでの戦いを見る限り、今年度大会の出場校に絶対的なレベルの大駒を持つチームは存在しない。今年は例年以上にチームの総合力が試される大会だと言って良いだろう。

優勝候補の筆頭は3月の高校選手権を制した夙川学院高(兵庫)。メンバー全員を全国大会上位クラスの強豪で揃えており、78kg級の長谷川瑞紀に78kg超級の吉峰芙母絵とサイズも十分。オーダー順は先鋒が新名寧々、中堅が長谷川、大将が吉峰となっており、補欠にはバクー世界選手権57kg級韓国代表の金知秀を取り置いた。金は勝負どころで先鋒に投入すると読んでまず間違いないだろう。同校は分析能力、作戦の遂行能力でも他校を一歩リードしており、各選手の使命感も非常に高い。純粋な力比べで他校に遅れをとる可能性は低く、もし敗れるとしたら何らかの想定外のアクシデントが起きた場合ということになるだろう。順当に試合が進めば優勝候補は高い確率でこのチームだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.