PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]近藤隼斗が春夏連続の全国制覇、66kg級のライバル対決は桂嵐斗が西願寺哲平下す・第67回インターハイ柔道競技男子個人戦第1日

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]近藤隼斗が春夏連続の全国制覇、66kg級のライバル対決は桂嵐斗が西願寺哲平下す
第67回インターハイ柔道競技男子個人戦第1日
eJudo Photo
60kg級決勝、近藤隼斗がGS延長戦の末「技有」を奪って勝利

「サオリーナ」(三重県津市)で行われている第67回インターハイ柔道競技は、9日、大会第2日目を迎え、午前中の男子団体試合に引き続いて男子個人試合の60kg級、66kg級、73kg級の3階級で優勝が争われた。

60kg級は3月の全国高校選手権の覇者、近藤隼斗(佐賀工高)が優勝。すべての選手にターゲットにされる難しい立場の中、準々決勝では椙本光真(東海大相模)に一時「一本」を奪われる(「技有」に訂正)など苦戦もあったがこの試合を裏投「一本」で切り抜けると、決勝は鷲見仁義(札幌山の手高)をGS延長戦の末に浮落「技有」で破り、みごと春夏連続で高校王者の座を射止めた。

試合後は「春に勝って、自分と周囲の力を測ることが出来ていた。投げて勝って優勝出来ると思っていた。」と自信満々のコメント。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.